Windows10 ファイルの拡張子を表示する方法

Wndows10ではファイルの拡張子を表示・非表示にすることができます。今回はファイルの拡張子を表示する方法を解説しますよ。

ファイルの拡張子とは

Windows10 のファイルには「拡張子」があります。拡張子はファイル毎に割り当てられたも3桁、もしくは4桁も文字列です。

EXCELファイル「連絡先.xlsx」の場合、拡張子は「xlsx」です。

代表的な拡張子をあげてみます。

  • EXCEL ・・・ xlsx
  • WORD ・・・ docx
  • テキスト ・・・ txt
  • PDF ・・・ pdf

拡張子があるとファイルが何のファイルなのか区別することができます。

Windows10ではこの拡張子を表示したり、非表示にしたりすることができます。

ファイル拡張子を表示する方法

Windows10でファイルの拡張子を表示するには、エクスプローラーから行いまうす。エクスプローラーを起動します。

エクスプローラーを起動するには、画面下にあるタスクバーのこのアイコンをクリックしてください。

エクスプローラーは、「Windowsキー」と「e」を同時におしても起動できます。こちらの方が簡単かもしれません。

エクスプローラーが起動しました。次にエクスプローラーのリボンを使います。「リボン」とは、エクスプローラーの上部に表示されるアイコンが並んでいるところです。

リボンが隠れている場合は下の矢印をおして表示させてください。

エクスプローラーの上の切り替えタブの「表示」をクリックします。表示される項目の中から「ファイル名拡張子」にチェックをいれます。

すると、ファイルに拡張子が表示されるようになりました。これで完了です。

拡張子を表示させたくない場合は、先ほどの「ファイル名拡張子」のチェックを外せば、拡張子は表示されないようになります。

Windows10では、ファイルが何のファイルなのかが特定できるので、拡張子を表示させることをおススメします!

以上、Windows10 のファイル拡張子を表示する方法でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする