Office365のPowerPointを終了する(アプリケーション終了)

スポンサーリンク

Office365のPowerPointを起動して資料などを作成したら、パソコンをシャットダウンする前にPowerPointを終了しておきましょう。

Office365のPowerPointで作成した資料を保存せずにパソコンをシャットダウンすると、シャットダウン時に何らかの問題が発生した場合、作成した資料が破棄されてしまうこともあります。

今回は、Office365のPowerPointを終了する方法を紹介します。

Office365 PowerPointを終了するタイミング

Office365のPowerPointは、PowerPointを起動した状態と、起動後に資料を作成した状態から終了することができます。

PowerPointの起動画面(初期画面)

Office365のPowerPointを起動した状態から、PowerPointを終了します。

PowerPointの起動画面(資料作成画面)

Office365のPowerPointで資料を作成した状態から、PowerPointを終了します。

Office365 PowerPointを終了するには

PowerPointを終了する(初期画面)

Office365のPowerPoint画面右上の「×」ボタンをクリックします。

PowerPointを終了する(資料作成画面)

Office365のPowerPoint画面右上の「×」ボタンをクリックします。

資料を保存せずにPowerPointを終了したら?

メッセージダイアログ表示

Office365のPowerPointを終了するときに作成した資料を保存していない場合は、メッセージが表示されます。

ボタン 説明
保存 作成した資料を保存してからOffice365のPowerPointを終了します。
保存しない 作成した資料を保存せずにOffice365のPowerPointを終了します。
キャンセル

Office365のPowerPointを終了するのをやめます。

「×」ボタンをクリックする前の画面に戻ります。

 

これで、Office365のPowerPointを終了することができました。

パソコンをシャットダウンするときは、Office365のPowerPointで作成した資料を保護するためにも、アプリケーションを終了してからシャットダウンするようにしましょう。

 

以上、Office365のPowerPointを終了する方法でした。

 

 

 

コメント