Windows10 インストールされたアプリを削除する方法

Windows10 では、インストールされたアプリをアンインストール(削除)することができます。

  • アプリを以前使用していたけれど今は使用していないので削除したい
  • 何かのアプリと同時に勝手にインストールされてしまったので削除したい
  • ストレージの容量が圧迫しているのでアプリを削除したい

不要なアプリはアンインストール(削除)してしまいましょう!

今回はWindows10 でインストールされたアプリを削除する方法を紹介します。

インストールされたアプリを確認する

まずはWindows10のインストール済みのアプリを確認します。

まずは「スタート」ボタンをクリックし、歯車アイコンの「設定」ボタンをクリックします。

「Windowsの設定」が開きます。「アプリ」をおします。

左サイドバーの「アプリと機能」をおします。ここにインストールされたアプリが一覧で表示されます。

アプリをアンインストール(削除)する

次にアプリをアンインストール(削除)します。

アンインストール(削除)したいアプリを選択し、「アンインストール」ボタンをおすと、アプリがアンインストールされます。

アプリのアンインストールの確認メッセージが表示されます。「アンインストール」ボタンをおして、アプリをアンインストールします。

これで削除したいアプリをアンインストールできました。

アンインストールできないアプリ

中にはアンインストールできないアプリもあります。

例えば、「Xbox」をアンインストールしようとしても「アンインストール」ボタンがおせません。

このように全てのアプリがアンインストール(削除)できるわけではなく、中には削除できないアプリもあります。

Windowsデフォルトでインストールされているアプリはアンインストール(削除)できない可能性があります。

自分でインストールしたアプリであれば、アンインストール(削除)できます。

以上、Windows10 でインストールされたアプリを削除(アンインストール)する方法でした。