【Googleドライブ】エクセルを編集する(Googleスプレッドシート)

Googleドライブでは、アップロードされたエクセル(EXCEL)を編集することができます。

Officeのエクセル(EXCEL)で作成された文書ファイルでも、GoogleドライブからGoogleスプレッドシートを使って編集できます。もちろんエクセルがインストールされていなくてもGoogleドライブなら編集可能です。

今回は、Googleドライブでアップロードされたエクセルを編集する方法を紹介します!

Googleドライブでエクセルを編集する(Googleスプレッドシート)

それではさっそく、GoogleドライブのエクセルをGoogleスプレッドシートを使って編集していきましょう!

Googleドライブでエクセル(Excel)を編集する

とはいっても、Googleドライブにアップロードされたエクセル(Excel)をそのまま編集することはできません。

見ることはできますが、編集することはできないのです。

Googleドライブでエクセルを編集するには、エクセルをGoogleスプレッドシートに変換する必要があります。

変換といってもやり方は簡単です。

まず、エクセルのファイルを右クリックし「アプリで開く」→「Googleスプレッドシート」をクリックします。

Googleスプレッドシートでエクセルを開くことができました。

エクセルを編集する

Googleスプレッドシートはエクセルと同じような機能があります。ここから編集してみましょう!

ここでは文字を変更したり、色を変えたり、太字、中央寄せ、行追加、行削除などエクセルでおなじみの機能で編集してみました。

Googleスプレッドシートを閉じます。保存ボタンはありません。保存しなくても自動的に保存されているのでそのまま閉じます。

Googleドライブに戻ると先ほど編集したエクセルが表示されています。元のエクセルとは別のファイルになりましたね。

左が編集後のGoogleスプレッドシート形式、右が元のエクセルファイルです。

これで、Googleドライブでアップロードされたエクセル(EXCEL)をGoogleスプレッドシートを使って編集することができました。

編集後のEXCELをダウンロードする

この編集したファイルをダウンロードすれば、また元のエクセルとして使用することができます。

現在はGoogleスプレッドシート形式のファイルですが、ダウンロードすると自動的にエクセル形式に変換されてダウンロードされます。

先ほど編集したファイルをGoogleドライブ上で右クリックし、「ダウンロード」をおします。

ファイル形式が変換され、エクセルの形式「xlsx」に変換されてダウンロードされました。

これをエクセルで開くと、いつも通りのエクセルとして使用することができます。

以上、Googleドライブでアップロードされたエクセル(EXCEL)を編集することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました