【Twitter】DM送信用のURLを作成する方法

TwitterではDM送信用のURLを作成することができます。

こんな人に向けての記事です。

  • リンクをおしたらDM作成画面を開きたい
  • DM送信するURLが知りたい

今回は、TwitterではDM送信用のURLを作成する方法を紹介します!

スマホ:この記事はAndroid・iPhoneで説明しています。

DM送信用 URLの事前準備

TwitterでDM送信用のURLを作れば、相手がDMを送りやすくなって便利ですね。

DM送信用のURLは簡単に作成できます。作成するには、事前に準備する事項が2点あります。

  1. DMを解放する
  2. ユーザーIDを取得する

まずこの2点を実施しないと、DM送信用のURLが作成できません。順番に説明します。

1. DMを解放する

まず誰からでもDMを受け付けるように、DMを解放します。

Twitterの左上のアイコンをおします。

「設定とプライバシー」をおします。

「プライバシーとセキュリティ」をおします。

ここからAndroidとiPhoneで操作が少し異なります。

<Androidの場合>

「ダイレクトメッセージ」をおします。

「メッセージリクエストを受信する」を有効にします。

<iPhoneの場合>

「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」を有効にします。

これでDMが解放され、誰からでもDMを受信できるようになりました。

2. ユーザーIDを取得する

次に、「ユーザーID」を取得します。Twitterにはアカウント1つにつき、1つの「ユーザーID」があります。このユーザーIDを確認しましょう!

Twitterの左上のアイコンをおします。

「設定とプライバシー」をおします。

「アカウント」をおします。

「Twitterデータ」をおします。

「パスワード」を求められたら入力してください。「アカウント」をおします。

パスワードを入力して「確認する」ボタンをおします。

「ユーザー名」に「ユーザーID」が表示されています。このユーザーIDが必要なのでメモしておいてください。

これで事前準備であるユーザーIDのメモが完了しました。

TwitterのDM送信用 URL

Twitter DM送信用のURLを作成する方法

それではさっそく、TwitterのDM送信用のURLを作成してみましょう!

DM送信用のURLはこちらです。

● DM送信用のURL
→ https://twitter.com/messages/compose?recipient_id=ユーザーID

ユーザーIDの部分に自分のユーザーIDの数値を入れください。例えばユーザーIDが「123456789」ならこうなります。

URLの例
→ https://twitter.com/messages/compose?recipient_id=123456789

これでTwitterのDM送信用URLを作成することができました。

DM送信用のURLリンクを作成する

次に、先ほどのDM送信用のURLを使ってURLリンクを作成してみましょう!URLリンクがこちらです。

DMはこちらから!

コードはこちらです。

<a href=”https://twitter.com/messages/compose?recipient_id=123456789″ target=”_blank”>DMはこちらから!</a>

上のリンクをおすと、このようにDM作成画面がひらきます。あくまでDMの画面が開くだけです。DMをいきなり送信するわけではないので使う側も安心ですね。

このコードを貼ると相手がDMを送信しやすくなりますね。

これでDM送信用のURLを作成し、URLリンクをはることができました。簡単なのでぜひ使ってみてください!

以上、TwitterでDM送信用のURLを作成する方法でした。

DM
この記事が役立ちましたら、ツイッター・フェイスブックでシェアしてもらえると励みになります!
アプリの鎖!をフォローする
アプリの鎖

コメント

タイトルとURLをコピーしました