【YouTube】MP3に変換して保存する方法

YouTubeの動画はMP3に変換して保存することができます。

  • YouTubeの動画はMP3に変換したい
  • YouTubeをMP3で保存したい

YouTubeはそのままではMP3に変換することはできませんが、ツールを使えばMP3に変換してPCに保存して、ローカル環境でMP3を楽しむことができます。

今回は、YouTubeの動画をMP3に変換して保存する方法を紹介します!

YouTubeの動画をMP3に変換して保存する方法

それではさっそく、YouTubeの動画をMP3に変換して保存してみましょう!

YouTubeをMP3に変換するオンラインサービス

YouTubeの動画をMP3に変換するには、オンラインのWEBサービスを使うのが便利です。

オンラインでYouTubeをMP3に変換する無料サービスはいくつかあるのですが、今回は、有名な「Online Video Converter」を使います。

「Online Video Converter」はMP3への変換速度も速く音質もそこそこよいです。

YouTubeをMP3に変換して保存する

次に、「Online Video Converter」を使って、YouTubeの動画をMP3に変換してみましょう!

まずは、YouTubeでMP3に変換したい動画をひらきます。動画を開いたら、ブラウザのアドレスバーを選択して、動画のアドレスをコピーします。

次に、「Online Video Converter」をひらきます。

OnlineVideoConverterhttps://www.onlinevideoconverter.com/ja/mp3-converter

アドレスに先ほどコピーしたYouTubeのアドレスをはりつけます。「フォーマット」は「mp3」のままにして、「スタート」ボタンをおします。

YouTubeの動画をMP3に変換します。MP3への変換が終わったら、「ダウンロードする」ボタンをおします。

ダウンロードがはじまります。ここで広告が開く場合があるので、広告は何もせずに閉じてください。広告を閉じるとダウンロードがはじまります。

これで、YouTubeの動画をMP3に変換して、PCに保存することができました。あとは音楽アプリでMP3をきいてみてください。

違法・著作権に注意する

YouTubeの動画の中には著作権があるものもあります。市販されているCDやDVD、テレビ・映画など、違法にアップロードされているものもあります。

違法動画をMP3に変換して保存しないように注意してください!

個人の動画で著作権がよくわからない場合は、動画をアップロードしている人に許可を取った方がよいですね。

以上、YouTubeの動画をMP3に変換して保存する方法でした。

コメント