【Twitter】ツイッターからのメール通知をオフ(無効)にする

Twitterからくるメールはオフ(無効)にすることができます。

  • Twitterのメールが毎日来てイヤ
  • メールはいらない

そんな人はTwitterからのメールをオフにしましょう!

今回はTwitterのメール通知をオフ(無効)にする方法を紹介します!

Twitterのメール通知をオフ(無効)にする

Android:この記事はAndroidで説明しています。

Twitterのメール通知

Twitterはアクションがあるたびにメールで通知してくれる便利な機能があります。

ダイレクトメッセージが来た場合やおすすめアカウントをメールで連絡してくれたりします。こんなにバンバンメールが飛んできます。

でもTwitterは多くの場合スマホで使用することが多いので、メール通知はそれほど必要ない人が多いかと思います。

このように興味のないメールもきますからね。

スマホには「プッシュ通知」というスマホに通知してくれる別の便利な機能がありますからね。それに毎日見ている人はメールの通知はいらないですよね?

そんな場合はメール通知をオフにすることをおススメします。

Twitterのメール通知をオフにする方法

それではさっそく、Twitterのメール通知をオフにしてみましょう!

Twitterのプロフィール画像をおします。

「設定とプライバシー」をひらきます。

「通知」をひらきます。

「設定」にある「メール通知」をおします。

ここからメール通知をオフにします。

個別にメールをオフにする

個別にメールをオフにするには、それぞれの項目の右横にあるチェックをおしてオフにします。

例えば、ここでは「ダイレクトメッセージ」がオンになっています。

チェックを外してオフにしました。

個別のメールはこのように項目を1つずつチェックを外します。

一括でメールをオフにする

個別にメールをオフにするのが面倒な場合、一括でメールをオフにすることができます。

上のタイトルの「メール通知」にあるスライダーがあります。

このスライダーをオフにします。下にある項目がすべてオフになりましたね。これで一括でメールをオフにすることができました。

これでTwitterからのメールが来ることはなくなります。メールがバンバン届いて困っていた人はぜひメール通知をオフ(無効)にしてみてください!

以上、Twitterのメール通知をオフ(無効)にする方法でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました