【Twitter】ミュートした人を検索に出さない方法

Twitterではミュートした人を検索に出さないようにできます。

こんな人に向けての記事です。

  • ミュートした人が検索に出てくる
  • ミュートした人は検索したくない

今回は、Twitterでミュートした人を検索に出さない方法を紹介します!

Twitterでミュートした人を検索に出さない方法

ミュートした人が検索されてしまう

Twitterでは「ミュート」という便利な機能があります。

ミュートは相手にバレずに相手のツイートを表示しない方法です。フォロー関係はそのままで、でも相手のツイートは自分のタイムラインに一切流れてこないので、相手にバレずに無視できるとても便利な機能です。

しかし、ミュートしても検索するとミュートした人が表示されてしまう場合があります。

そもそもミュートした人って自分にとっては「どうでもいい人」だったり「見たくない人」ですよね?

そんな人は検索でも出ないようにした方がよいです。

ミュートした人を検索に出さない方法

それではさっそく、Twitterでミュートした人を検索に出さないようにしましょう!

Twitterの左上のメニューボタンをおします。

「設定とプライバシー」をおします。

「コンテンツの設定」をおします。

「検索設定」をおします。

「ブロックまたはミュートしているアカウントを除外」にチェックを入れます。

これで、ミュートした人が検索に出ないようになりました。実際に検索して、ミュートした人が出てこないか確認してみてください。

ミュートした人が検索に出てきて邪魔だと感じたら、検索に出ないようにした方が精神衛生上もよいです。ぜひ設定してみてください!

以上、Twitterでミュートした人を検索に出さない方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました