【Twitter】現在地がバレないようオフにする方法

Twitterで現在地がバレないようオフにすることができます。

こんな人に向けての記事です。

  • ツイートすると勝手に現在地が表示されてしまう
  • 現在地がバレてしまうのがイヤ

今回は、Twitterで現在地がバレないようオフにする方法を紹介します!

スマホ:この記事はAndroid・iPhoneで説明しています。

Twitterで現在地がバレないようオフにする方法

Android・iPhoneで操作は同じなので、ここではAndroidの画像で説明します。

Twitterで現在地がバレる

Twitterでツイートしたら「現在地がバレた!」なんてことはないでしょうか?

Twitterでは現在地を表示する機能「位置情報」があります。位置情報がオンになっていると、このように現在地の場所が勝手にツイートに追加されてしまいます。

場所がバレバレですね。「いつどこにいたのか」がバレてしまいます。過去にいた場所ならともかく、今いる場所が特定されてしまうのは問題ですよね。

このように現在地がバレると困る場合は、位置情報をオフにしましょう!

現在地を消す

Twitterで現在地が表示されてしまう場合は、ツイートするたびに位置情報が追加されるようになっています。

まずこちらを削除しましょう!ツイートの画面を開いて下にある位置情報のアイコンをおします。

現在地付近の場所が表示されます。×をおして削除します。

これで、ツイートするたびに現在地が表示される事はなくなりました。

位置情報をオフにする

それではTwitterの設定の方でも位置情報をオフにしましょう!

「設定とプライバシー」をおします。

「プライバシーとセキュリティ」をおします。

「位置情報」にある「正確な位置情報」をおします。

「正確な位置情報」をオフにします。

これで、Twitterが位置情報を取得できなくなり、ツイートしても現在地がバレないようになりました。日常的に位置情報をツイートしたい人はそれほどいないと思うので、基本的にはオフにしておくことをオススメします。

以上、Twitterで現在地がバレないようオフにする方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました