【YouTube】アップロードする画質の推奨サイズ・高画質にする方法

YouTubeにアップロードする画質(解像度)と高画質についてです。

  • YouTubeにアップロードする画質は何がベスト?
  • アップロードした画質が劣化している
  • 高画質のままアップロードできないの?

今回は、YouTubeにアップロードする画質(解像度)について紹介します!

YouTubeにアップロードの推奨画質・高画質でアップロードする

YouTubeにアップロードする画質の推奨サイズ

YouTubeにアップロードする画質ですが、YouTube側が推奨しているサイズがあります。

基本的には下記のいずれかのサイズで動画を作成してアップロードすることを推奨しています。

2160p 3840×2160 4K
1440p 2560×1440 WQHD
1080p 1920×1080 フルHD
720p 1280×720 HD
480p 854×480
360p 640×360
240p 426×240

YouTubeヘルプ動画の解像度とアスペクト比

上記のYouTubeの推奨画質はいずれもアスペクト比 16:9となっています。これは、縦横の比率を16:9の比率にするという意味です。そうしないと動画の左右に余白ができてしまうので注意してください。

2020年現在、YouTubeで最もポピュラーな画質はフルHD 1920×1080 です。

多くの有名ユーチューバーがフルHDを採用しています。

フルHD 1920×1080 は、ほとんどのカメラ・スマホ・パソコン・テレビで対応しています。つまり、発信者側も視聴者側もWinWinです。映像もそれなりにキレイに映ります。迷ったら、フルHD 1920×1080の画質でアップロードすればOKです。

YouTubeの視聴者は設定ボタンをおして画質を変更できます。

4Kである2160p(3840×2160)に対応した画質をアップロードすると、視聴者は4Kだけでなく、すべての画質を選択して視聴することができますね。テレビではサムネに4K表示がされます。

YouTubeの主流はフルHDとはいえ、今後は4K対応も考える必要があります。

発信者側は4K動画は少し厄介です。4K動画はフルHDの約4倍の容量になり、大量のストレージが必要になるため管理が大変になります。

そうはいっても4K対応テレビ・タブレット・PCでYouTubeを見る人が増加するのは明白なので、いまのうちに4Kにしておくのもありです。

YouTubeにアップロードすると画質が劣化するワケ

YouTubeに高画質の動画をアップロードして、いざ見てみると、実際の動画より画質が粗く劣化しているときがあります。

なぜかアップロードした画質が劣化している・・・。

実は、

YouTubeはアップロードされた動画の画質を勝手に落としています。(再エンコードといいます)

これはYouTubeの仕様です。

そのままの画質で保管するとYouTube側の容量が圧迫されてしまう問題があります。要するにおカネの問題です。もう1つは、視聴者が動画を見る際、途切れることなく視聴できるように低画質にしているのだと推測します。

Google フォトもアップロードした写真の画質を落としているのでYouTubeも同じ仕様なんですね。

高画質でアップロードする方法

では、YouTubeをできるだけ高画質でアップロードするにはどうしたらいいのでしょうか?

それはアップロードする動画をできるだけ高画質にするしか手はありません。何をしたって、結局YouTubeにアップロードした時点で、再エンコードされ劣化してしまうのです。

であれば、元のアップロードする動画の画質を高画質にするしか手はありません。高画質にする方法を2つ紹介します。

  1. 解像度を上げる → 最低でもフルHD 1920×1080
  2. フレームレートを上げる

1. 解像度を上げる

動画の解像度を最低でもフルHD(1920×1080)します。4Kにできれば4Kにした方がよいですね。

こちらはiPhoneの撮影設定の画面ですが、下の方がより高画質になります。一眼カメラ・ビデオカメラにも同じ設定があるので、見直してみてください。

単純なことですが、これが一番効くはずです。

2. フレームレートを上げる

フレームレートを上げると高画質になる場合もあります。

フレームレートは1秒あたり何コマか?という意味です。動画といっても、実際には写真を高速で切り替えているパラパラ写真です。写真を切り替える速度があまりにも早いので動いて見えてしまう・・・これが動画の正体です。

こちらはiPhoneのビデオ撮影の設定画面ですが、フルHD 1080pのフレームレートは30fpsと60fpsがあります。(※カメラによっては30p・60p・60iと表示されます)

60fps(60p)の方が滑らかな画質になります。

30fpsは1秒間に30枚の写真をパラパラめくります。60fpsは1秒間に60枚の写真をパラパラめくります。30枚よりも60枚の方が映像の切り替えが細かいので、滑らかに見えます。動きのある映像の場合は特に効果があると思います。

よってカメラ・スマホのフレームレートを上げてみると、高画質に見える可能性がありますね。

他には、60p・60iのように「p」と「i」の2種類あるカメラもあります。60pの方がより滑らかに表示されます。60p > 60iです。

より高画質でYouTubeにアップロードしたい場合は、解像度・フレームレートを上げてみてください。

YouTubeヘルプアップロード後の動画の画質が低い

以上、YouTubeにアップロードする画質(解像度)についてでした。

コメント