Windows 10 までOSの全バージョンまとめ

スポンサーリンク

今回は、Windows 10 までOSの全バージョンをまとめてみます。

Windows OSのバージョンまとめ

「Microsoft Windows」(マイクロソフト ウィンドウズ)は世界で一番多く使われているOSです。

Windowsはコマンドを入力しなくてもマウスでかんたんに操作できるわかりやすいGUIが特徴で、1995年の「Windows95」で爆発的にヒットし、瞬く間に世界中に広まりました。

「Windows95」発売当時はショップに行列ができるほどで日本でも人気ぶりがすごかったです。個人での使用はもちろんですが、企業での使用率は圧倒的です。

Windows OS 過去のバージョン

Windows OSの現在の最新バージョンは「Windows10」ですが、過去にWindowsはどのようなバージョンがあったのか、時系列順にまとめてみます。

Windows OS の過去のバージョンはこちらになります。

9x系 NT系
1993年 Windows NT 3.1
1995年 Windows 95
1996年 Windows 4.0
1998年 Windows 98
2000年 Windows ME Windows 2000
2001年 Windows XP
2006年 Windows Vista
2009年 Windows 7
2012年 Windows 8
2013年 Windows 8.1
2015年 Windows 10

9x系とNT系

Windowsは当初は2系統ありました。ザックリいうと、個人用途の「9x系」とビジネス用の「NT系」です。

  1. 9x系・・・個人用
  2. NT系・・・ビジネス用

家では「Windows 98」が使われ、会社では「Windows 2000」が使われていました。今振り返るとちょっと変ですけど、当時はそれが当たり前でした。このように2000年まではWindows OSは2系統にわかれていました。

XPで大きく刷新

2系統あったWindowsですが、2001年の「Windows XP」から1本化され統合されました。家でも会社でも「Windows XP」になりました。こちらのほうがシンプルでわかりやすいですね。

Windows10

そして2015年の「Windows 10」で最後のWindowsになります。もちろん、今後も改良されていきますが、「Windows 10」の中での改良になります。年に2回ほどアップデートされる予定になっております。

 

Windows 10

アップデートとバージョン・ビルド

Windows10のアップデートとバージョン・ビルドの一覧はこちらです。

バージョン ビルド 更新日 コードネーム アップデート名
2004 19041 2020/05 20H1 May 2020 Update
1909 18363 2019/11 19H2 November 2019 Update
1903 18362 2019/04 19H1 May 2019 Update
1809 17763 2018/10 Redstone5/RS5 October 2018 Update
1803 17134 2018/04 Redstone4/RS4 April 2018 Update
1709 16299 2017/10 Redstone3/RS3 Fall Creators Update
1703 15063 2017/04 Redstone2/RS2 Creators Update
1607 14393 2016/08 Redstone1/RS1 Anniversary Update
1511 10586 2015/11 Threshold2/TH2 November Update
1507 10240 2015/07 Threshold1/TH1 Released in July 2015

Windows10は毎年1、2回のペースでアップデートされています。

4つのエディションの比較

Windows10にはおもに4つのエディションがあります。

エディション 対象 機能 販売形態
Home 個人 スタンダードな機能 パッケージ版
DSP版
OEM版
Pro 個人
ビジネス
企業用機能あり
(暗号化、仮想化など)
パッケージ版
DSP版
OEM版
Enterprise ビジネス 大規模管理機能あり
Education 教育機関 教育用機能あり

HomeとProの違い

Windows10 の「Home」と「Pro」の違いについてまとめます。

「Home」にはなくて「Pro」にある大きな特徴としては、

  1. ドメイン管理でパソコンを集中管理できる
  2. リモートデスクトップで遠隔操作ができる
  3. BitLockerで暗号化できる
  4. Hyper-Vで仮想マシンが使える

という点です。

これら4つの機能が必要であれば「Pro」を選択し、必要なければ「Home」を選択します。

ライセンス・販売形態

Windows10のライセンス・販売形態は3つあります。

販売形態 単体購入 パソコン
パッケージ 可能 どのPCでも可能
DSP PCパーツとセット PCパーツと同じパソコンのみ
OEM パソコンとセット 購入したパソコンのみ

制約のない「パッケージ版」と、PCパーツとセット販売で少し安い「DSP版」です。「OEM版」はメーカー製パソコンに最初からインストールされているものです。

以上、Windows OSの過去の全バージョンのまとめでした。

コメント