【Excel】日付から曜日を自動で入力する方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)で指定した日の曜日を自動入力するには「TEXT関数」を使います。

  • 指定した日付の曜日を自動入力したい
  • TEXT関数の使い方を知りたい

今回は、Excel(エクセル)で曜日を取得するTEXT関数の使い方を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelで曜日を求める TEXT関数

TEXT関数

Excelで曜日を求めるには「TEXT」を使います。

構文

--曜日を取得する(例、月曜日・火曜日)
=TEXT(日付,"aaaa")

--曜日(短縮)を取得する(例、月・火)
=TEXT(日付,"aaa")

使用例

--C3セルに入力された日付の曜日を求める
=TEXT(C3,"aaaa")

TEXT関数でできること

  • 曜日を求めます
  • 短縮形(月・火・水)の曜日を求めることもできます

曜日を求める(TEXT関数)

それではさっそく、TEXT関数を使って指定した日の曜日を求めてみましょう!

--曜日を取得する(月曜日・火曜日)
=TEXT(C3,"aaaa")

任意のセルに「=TEXT(C3,”aaaa”)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

TEXT関数を使って、指定した日の曜日「月曜日」を求めることができました。

 

--曜日を取得する(短縮形 →月・火)
=TEXT(C3,"aaa")

短縮系の曜日を取得するには、2つ目の引数を「aaa」とします。

TEXT関数を使って、指定した日の曜日「月」を求めることができました。他の日付もこのように曜日を取得できました。

 

ExcelのTEXT関数をつかって指定した日付の曜日を取得して自動入力することができました。

TEXT関数を使うと、EXCELで簡単に曜日を自動入力できるのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプTEXT 関数

以上、Excelで曜日を求める「TEXT関数」の使い方でした。

コメント