FFFTPの簡単な使い方(アップロード・ダウンロード)

スポンサーリンク

FTP転送ソフトである「FFFTP」の使い方はとても簡単です。

  • FFFTPでサーバーへファイルをアップロードしたい
  • 差分だけをアップロードしたい
  • サーバーのデータをバックアップするため、FTPでダウンロードしたい

FFFTPを使えば、簡単にWEB上のサーバーへファイルをアップロードしたり、ダウンロードすることができます。

今回は、FFFTPの簡単な使い方を紹介します!(アップロード・ダウンロード)

FFFTPの簡単な使い方

FFFTPのダウンロード・インストールする方法はこちらを参照してください。
参考ページ【FFFTP】ダウンロード・インストールする方法

接続先サーバーを登録する

最初に設定するのが、接続先サーバー(ホスト)の登録です。

ファイルをアップロードしたりダウンロードする先のホストですね。

まず、赤いプラグのアイコンの「接続」ボタンをおします。

「新規ホスト」ボタンをおします。

「基本」タブに必要な情報を入力します。(下図はエックスサーバーの例です)

基本的には下記4項目です。(他は必要に応じて入力してください)

  • ホストの設定名・・・FFFTPでの名前(何でもOKです)
  • ホスト名・・・接続先サーバーの名前(アドレス)
  • ユーザー名・・・接続先サーバーのユーザー名
  • パスワード・・・接続先サーバーのパスワード

ホストの設定名はFFFTP上の名前です。わかりやすい名前なら何でもOKです。それ以外は、利用しているサーバーを確認してください。エックスサーバー・さくらインターネットなどのサービスを利用している場合は、ヘルプに書いてあるので、そちらをご参照ください。

エックスサーバーのマニュアルFTPソフトの設定 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

さくらインターネットのマニュアルFFFTPを利用する – さくらのサポート情報

最後に「OK」ボタンをおして完了です。

これで、接続先サーバー(ホスト)の設定が完了しました。

FFFTPでアップロードする

それでは、FFFTPでアップロードしてみましょう!

まず、赤いプラグのアイコンの「接続」ボタンをおします。

接続するホストをクリックして選択し、「接続」ボタンをおします。

サーバーに接続されました。画面の左半分が現在使用中のローカルパソコン、右半分が接続先のサーバーです。

FFFTPでサーバーにファイルをアップロードするには、ローカルPCとサーバーの場所を変更します。ローカルPC(左側)はファイルがある場所を開きます。フォルダのアイコンをおすと、場所を移動できます。サーバー(右側)も同様にアップロードする場所に変更してください。

  • PC・・・ファイルがある場所を開く
  • サーバー・・・アップロードする場所を開く

ローカルPCのファイルを選択します。アップロードするファイルが複数ある場合は、Ctrl キーをおしながら複数を選択してください。選択した状態で上矢印のアップロードボタンをおします。

ファイルがアップロードされました。サーバーのウィンドウを見ると、アップロードしたファイルがありました。

これで、FFFTPを使ってファイルをサーバーにアップロードすることができました。

FFFTPでダウンロードする(バックアップ)

次に、FFFTPでダウンロードしてみましょう!

アップロードと同じく、ローカルPCの場所・サーバーの場所を指定します。

ダウンロードしたいサーバーのファイルを選択し、下矢印のダウンロードボタンをおします。

ファイルがダウンロードされました。

FFFTPを使えば、このようにFTPで簡単にファイルをサーバーへアップロードしたり、ダウンロードすることができるので、ぜひ使ってみて下さい!

以上、FFFTPの簡単な使い方でした。

コメント