Office Personal 2019とは?(価格・内容)

スポンサーリンク

こんな人に向けての記事です。

  • 「Office Personal 2019」の内容は何が含まれる?
  • 「Office Personal 2019」と他のOfficeの違いは?
  • 「Office Personal 2019」の価格はどこが安い?

今回は、「Office Personal 2019」について、製品の違い・内容・使用制限・価格の比較について紹介します!

Office Personal 2019とは

Office Personal 2019」について、他のOfficeとの比較も含めて説明します。

Office Personal 2019 公式https://www.microsoft.com/ja-jp/p/office-personal-2019/cfq7ttc0k7cr?activetab=pivot%3aoverviewtab

Office 2019とMicrosoft 365の違い

Officeは大きくわけると、2つのライセンスがあります。

<< Office2019とMicrosoft 365>>

  1. Office 2019
    ・永続型(買い切り)
    ・最初に一度だけ支払う。永続的に使用できる
    ・「Personal」「Home & Business」「Professional」の3種類ある
  2. Microsoft 365
    ・サブスクリプション型(毎年 or 毎月支払う)
    ・支払った年・月だけ使用できる

従来からある永続(買い切り)型の「Office 2019」とサブスクリプション型の「Microsoft 365 」の2つです。

永続(買い切り)型の「Office 2019」はさらに3つあります(Personal・Home & Business・Professional)詳細は後述します。

「Office Personal 2019」は3つあるOffice 2019のうちの1つです。

Office 2019https://products.office.com/ja-jp/get-started-with-office-2019

Office 365https://www.office.com/?omkt=ja-jp

Office Personal 2019に含まれる製品

「Office Personal 2019」に含まれるOffice製品はこちらです。

Microsoft 365 Personal Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019
期限 1年 永続 永続 永続
台数 無制限 2台 2台 2台
次バージョンアップ × × ×
Excel
Word
Outlook
PowerPoint
Access
Publisher
OneDrive
Skype

「Office Personal 2019」は、Excel・Word・Outlookという最もよく使用されるメインのOffice製品のみで構成されます。

「Excel・Word・Outlookだけでいい」という人向けのOfficeです。その分、価格も安くなっています。

ライセンス・使用制限について

「Office Personal 2019」のライセンスや使用制限についてまとめます。

Office Personal 2019
販売形態 買い切り
使用期限 なし(永続)
端末数 2台
同時使用 2台
ユーザー数 1名
PC Windows10のみ
バージョンアップ 有料

ライセンス

「Office Personal 2019」は一度購入すれば永続的に使用できる買い切り型です。Microsoft365のようなサブスクリプション型で毎年購入する必要はありません。

使える人数

「Office Personal 2019」のライセンスは、1人1ライセンスです。

例えば、家族2人で使う場合、「Office Personal 2019」を2つ購入する必要があります。職場で4人が使う場合は、4つ購入する必要があります。

「Office Personal 2019」は人数分の購入が必要になりますので注意してください。

端末・使用台数・OS

「Office Personal 2019」が1つのライセンスで使用できる端末は1人2台までです。1人で2台のPCにそれぞれ「Office Personal 2019」を入れて使う場合は、1つ購入するだけでOKです。

「Office Personal 2019」はWindows10に対応していますが、Macには対応していません。Windows10限定です。

新しいOfficeにバージョンアップする

2021年現在のOfficeの最新バージョンは2019です。今後新しいバージョンのOfficeが登場するはずです。

新バージョンが出ると、Microsoft 365は無料で最新版にアップデートされますが、「Office Personal 2019」はアップデートされません。バージョンは2019のままです。

よって、新バージョンのOfficeを使いたい場合は、「Office Personal 2019」の場合は再度購入する必要があります。

Office Personal 2019の価格

Microsoftの価格

Microsoftの「Office Personal 2019」の公式価格はこちらです。

Microsofthttps://products.office.com/ja-jp/home

Microsoft
32,784円

Microsoftの「Office Personal 2019」の価格は「32,784円」です。

Excel・Word・Outlookの価格はそれぞれ「16,284円」です。3つの価格の合計は「48,852円」になるので、Excel・Word・Outlookを別々に買うより「Office Personal 2019」の方が16,068円お得になります

「Office Personal 2019」はお得なパッケージなのがわかります。このMicrosoftの価格よりは安く買いたいところです。

Amazon・ビックカメラ・ヨドバシの価格

次に大手ショップの価格を比較してみます。Amazon・ビックカメラ・ヨドバシの「Office Personal 2019」の価格はこちらです。(2021年9月時点)

Microsoft Amazon ビックカメラ ヨドバシ
32,784円 29,502円 32,780円 32,780円

※「ダウンロード版」と「カード版」がありますが、「カード版」は高いので「ダウンロード版」の価格で比較しています。

大手ショップはいずれもMicrosoftよりも安く購入できます。「Office Personal 2019」を買うならMicrosoftよりもショップで買った方がお得です。

ビックカメラ・ヨドバシはここから10%のポイント(3,277ポイント)がつきます。このショップのポイントを含めるとAmazonとほとんなど同じ価格になります。

であれば、

最初から現金価格の安いAmazonの方がお得です!

これら大手ショップ以外にもインターネット・オークションで激安のOfficeが販売されているケースもあります。この手のショップには手を出さないことをオススメします。中には偽物や海賊版が売られている場合もあるので注意してください。

Amazonが便利

Amazonは価格が安いだけでなく、他にもメリットがあります。

Amazonで「Office Personal 2019」を購入すると、プロダクトキーをAmazonが管理してくれます。プロダクトキーを忘れてもいつでも確認できるのはメリットです。

こちらはAmazonのプロダクトキーを確認するページです。Amazonで購入した製品のプロダクトキーをいつでも確認できます。(下図はMicrosoft 365ですがPersonalも同じです)

「Office Personal 2019」を購入する場合、Amazonであれば価格が安く、利便性もかなり良いことがわかりました。

● Office Personal 2019(オンラインコード版)

● Office Personal 2019(カード版)

以上、Microsoft Office Personal 2019 についてでした。

コメント