パソコンのメモリを増設・交換する方法

パソコンのメモリを増設・交換をしたい場合があります。

  • メモリの容量が足りなくなった
  • メモリを増設したい
  • メモリが故障した
  • メモリを新しいメモリに交換したい

お店にやってもうらうのはお金がかかるし、周りにお願いできる人もいない・・・そんなときはメモリ交換を自分でやってしまいましょう!

今回は、はじめての人でもわかるようにパソコンのメモリを増設・交換する方法を紹介します!

パソコンのメモリを増設・交換する方法

パソコンのメモリを増設・交換するのは実はとても簡単です!

さっそくパソコンのメモリを増設・交換していきましょう!

準備するもの

準備するものは下記です。

  • 手袋
  • プラスドライバー

手袋は静電気防止手袋がベストですが、ゴム手袋でもいいと思います。

素手でもできますが、静電気でパーツが故障してしまったり、手を怪我する恐れもあるため、できるだけ手袋はしたほうがよいです。

ケースをあける

メモリを交換するには、まずはパソコンのケースをあけます。

ケースの開け方はこちらを参照してください。

パソコンのケースをあける方法

ケースの側面パネルを外したところから開始します。

ケースの側面パネルが外れたら、ケースの中のマザーボードをよく見ます。マザーボードはケースの内部にとりつけられた基盤のことです。

このマザーボードを見渡すと、メモリがささっているかと思います。メモリは長細い形をしたもので、フック(爪)でロックされています。これがメモリです。

メモリの取り外し方

取り付けられているメモリを外す場合は、メモリの横にあるフック(爪)を横に倒します。マザーボードによって違いますが、片方のフックだけが稼働できるものが多いです。

メモリのフックのロックを外して下に押すと、メモリがマザーボードから外れて浮きます。マザーボードから外しやすくなりますね。

この状態でメモリをマザーボードから取り外します。

これでメモリをパソコンから取り外すことができました。

メモリを取りつける

次にメモリを取り付けていきます。メモリを見ると、金色になっている部分があり、これが差込口なのでマザーボードにさす面です。

メモリは向きもあります。メモリの差込口をよく見ると、凹んだ部分があります。

一方、マザーボードのメモリスロットを見ると、突き出た部分があります。

メモリの凹んだ部分とマザーボードの突き出した部分をあわせて差し込む感じです。逆には刺さらないので、無理やり取りつけないように注意してください。

取り付けスロット

マザーボードに複数のメモリスロットがある場合の取り付けスロットはマザーボードによって異なるため、マザーボードの説明書に従ってください。

基本的にはどこに取り付けても動作するはずです。

ただし、「デュアルチャンネル」にする場合は、同じ色のメモリスロットに取りつける必要があります。

画像ではグレー同士、水色同士にとりつける感じです。

メモリをスロットにさすときは両サイド、中央に力をいれてグッと差し込みます。メモリが完全にハマると、横にあるフックが自動的にロックされます。

ロックされていないときはハマっていないので注意してください。ロックの位置がきちんと上を向いているか確認してください。

これで、パソコンにメモリをとりつけることができました。

以上、パソコンのメモリを増設・交換する方法でした。

コメント