DDR4 SDRAM メモリの特徴とは(DDR3との違い)

パソコンのメモリには多くの種類があります。

  1. DDR1
  2. DDR2
  3. DDR3
  4. DDR4

DDR4にも「DDR4-2400」「DDR4-2133」などいくつかの種類があります。

今回は最新のメモリ規格「DDR4」について解説します!

DRAM・SDRAMとは

DDR4は正確にいうと「DDR4 SDRAM」といいます。

「DDR4 SDRAM」の正式名称は「Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory」のことです。長いですね・・・。

DRAMからSDRAMへ

メモリは以前は「DRAM」が使われていましたが、今では「SDRAM」が主流となりました。ザックリいうと、この「SDRAM」の4代目が「DDR4 SDRAM」です。

メモリの進化の歴史はこのようになっています。

DRAM

SDRAM

DDR SDRAM ・・・SDRAMの2倍

DDR2 SDRAM ・・・DDR SDRAMの2倍

DDR3 SDRAM・・・DDR2 SDRAMの2倍

DDR4 SDRAM・・・DDR3 SDRAMの2倍

「DDR」は新しい規格になると処理速度が2倍になってきました。「DDR4」は1つ前の「DDR3」に比べて、処理速度は2倍で省電力、最大容量がアップしました。

DDR4 SDRAMとは

「DDR4」には、「DDR4-2400」「DDR4-2133」など、いくつかの種類があります。この違いについてまとめます。

チップ モジュール メモリ
クロック
(MHz)
バスクロック
(MHz)
転送速度
(GB/秒)
DDR4-1600 PC4-12800 100 800 12.8
DDR4-1866 PC4-14900 116 933 14.9
DDR4-2133 PC4-17000 133 1066 17
DDR4-2400 PC4-19200 150 1200 19.2
DDR4-2666 PC4-21333 166 1333 21.3
DDR4-3200 PC4-25600 200 1600 25.6
DDR4-4266 PC4-34100 266 2133 34.1

参照:DDR4 SDRAM – ウィキペディア

メモリクロックとは

「メモリクロック」はメモリのクロックのことです。クロックとは1秒間に処理できる回数のことです。

よって「メモリクロック」とはメモリが1秒間に処理できる回数のことです。

メモリが1秒間に1000回処理できれば、メモリクロックは1kHzとなります。

メモリクロックが高ければたくさん処理できるため速くなります。

バスクロックとは

「バスクロック」とはメモリとCPU間を通信処理する回数のことです。

メモリクロック同様、バスクロックが高ければたくさん処理できるので速くなります。

できるだけ速いメモリがほしければ、メモリクロック・バスクロックの数値が高いものを選べばいいのです。

DDR4メモリのどれを買えばいいのか?

DDR4メモリは多くの種類があり、どれを買えばいいのかよくわからず迷ってしまいます。

しかし、メモリはCPUとマザーボードに依存するので、CPUとマザーボードが決まればメモリの選択肢は絞られてきます。

例えば、CPUとマザーボードを下記のように決めたとします。

  • CPU:CORE i3-8100
  • マザーボード:ASUS PRIME B360M-A

この組み合わせで使用できるメモリはこのようになります。

  • DDR4-2666/PC4-21333
  • DDR4-2400/PC4-19200

この中のメモリを買えばいいわけです。速いメモリにしたければ、数値の大きなメモリを選びます。

このようにCPUとマザーボードによってメモリの規格が決まります。

以上、パソコンの現在の主流メモリ「DDR4 SDRAM」の解説でした。