【Googleマップ】地図に距離の円を描く方法

Googleマップを使って地図に距離の円を描くことができます。

  • 地図に〇kmの距離で円を描きたい
  • 地図に距離の範囲線をひきたい
  • 距離の円を地図に描いてプレゼン資料として使いたい

今回は、Googleマップを使って地図に距離の円を描く方法を紹介します!

パソコン:この記事はPC(パソコン)で説明しています。

地図に距離の円を描く方法

Googleマップはそのままでは円を描けない

それではさっそく、Googleマップを使って地図に距離の円を描いてみましょう!

ただし、Googleマップはそのままでは円を描くことができません。

地図に距離の円を描くには、Googleマップをカスタマイズする必要があるのですが、すでに公開されているものがあるので、そちらを利用しましょう!

色々公開されているのですが、今回は誰でも簡単に使えるマルティスープ社がカスタマイズしたGoogleマップを利用します。

地図に距離の円を描く

まずはこちらにアクセスします。(中身はGoogleマップです)

参考ページGoogleマップに同心円を描画する

Googleマップが開くので、最初に円を描く中心を決めます。ここではスカイツリーを中心とした円を描いてみます。スカイツリーの上でクリックすると青いマークが地図に表示されました。

距離ごとの円を設定します。デフォルトでは1kmごとに円が描かれます。

今回は、1km、3km、5km、10km、30kmの距離で円を描きます。数値をカンマ区切りで「1,3,5,10,30」と入力します。任意の距離を入力してください。入力したら「同心円を描画」ボタンをおします。

Googleマップの地図にスカイツリーを中心とした円が描かれました。1km、3km、5km、10km、30kmの距離で地図に5つの円が描画されましたね。

円を塗りつぶさない

円に色がついて邪魔な場合は消すこともできます。「塗りつぶし透過度」を「0」にして「同心円を描画」ボタンをおします。

すると、塗りつぶしがなくなり地図の円がスッキリ見やすくなりました。うまく地図に設定が反映されない場合は、一度クリアボタンをおしてから再度やり直して「同心円を描画」ボタンをおすと反映されます。

このように、Googleマップを使えば、地図にかんたんに距離の円を描くことができます。距離だけでなく色も変更可能なので、ぜひ使ってみてください!

以上、Googleマップを使って地図に距離の円を描く方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました