【iPhone】バーコードリーダーは標準カメラを使う!

iPhoneのバーコードリーダーはアプリを使わなくても標準カメラで充分使えます。

  • iPhoneのバーコードリーダーは何を使えばいい?
  • アプリはできれば使いたくない

今回は、iPhoneのバーコードリーダーとして標準カメラを使う方法を紹介します!

iPhoneのバーコードリーダーとして標準カメラを使う方法

iPhoneにはバーコードリーダーのアプリ不要

iPhoneのバーコードリーダーとしてアプリを使っている人も多いかと思います。

しかし、iOS11からiPhone標準のカメラを使えば、バーコードリーダーとして一次元バーコード・QRコードなどを読み取りできるようになりました。

つまり、わざわざ外部のアプリを使う必要がないのです。

iPhoneのバーコードリーダーとして標準カメラをオススメします!

アプリは、個人情報を抜かれたり、スパムの片棒を担いだり、ウイルス感染したり・・・、こういった危険性もあるので、できれば不要なアプリは入れない方がよいですね。

iPhoneのバーコードリーダーとして標準カメラを使う方法

それではさっそく、iPhoneのバーコードリーダーとしてiPhoneの標準カメラを使ってみましょう!

今回は、このQRコードを読み取ってみます。(このQRコードはこのWEBサイトへのリンクとなっています。)

iPhoneの標準カメラを開きます。

カメラでバーコード(QRコード)を表示させます。すると、上にSafariのアイコンが表示され、「〇〇をSafariで開く」が表示されました。ここをタップします。

すると、Safariがひらいて、Webページを開くことができました。

iPhone標準のカメラにバーコードをかざすだけで簡単にバーコードを読み取ることができましたね。

バーコードを読み取りできない場合

もし、カメラでQRコードを読み取りできない場合は、下記設定を確認してください。「設定」をおします。

「カメラ」をおします。

「QRコードをスキャン」を有効にします。これで、再度カメラでバーコードを読み取ることができるかどうか試してください。

このように、外部のアプリを使わなくても、iPhone標準カメラを使えばバーコードリーダーとして充分使えるので、ぜひ使ってみて下さい!

以上、iPhoneのバーコードリーダーとして標準カメラを使う方法でした。

コメント