【iPhone】バッテリーの最大容量が80%は注意すべし!

iPhoneのバッテリーの最大容量が80%は要注意です。

  • iPhoneのバッテリーの劣化状態を調べたい
  • iPhoneのバッテリーの最大容量が80%になってしまった
  • 電源がやたら落ちる
  • 充電がすぐになくなる

今回は、iPhoneのバッテリーの最大容量について紹介します!

iPhoneのバッテリーの最大容量

iPhoneのバッテリーの劣化状態を調べる方法

iPhoneのバッテリーの劣化状態はかんたんに調べることができます。

「設定」をおします。

「バッテリー」をおします。

「バッテリーの状態」をおします。

「最大容量」が表示されます。この「最大容量」がバッテリーの劣化状態です。

この「最大容量」は新品のバッテリーと比べた状態なので、80%になっていれば、新品バッテリーの80%しかパフォーマンスがでないという意味です。

上の画像では、iPhoneのバッテリーの最大容量は100%になっているので、バッテリーは劣化しておらず新品と同じ100%の状態で使えます。

iPhoneのバッテリーの最大容量が80%になったら・・・

iPhoneは毎日使っていると当然のことながらバッテリーが劣化します。

もし、iPhoneのバッテリーの最大容量が80%以下になってしまったら注意が必要です。

原因

まず、バッテリーの最大容量が80%になる原因としては、

フル充電を500回繰り返すと80%になる

です。これは経年劣化といえるので仕方がないかもしれません。

iPhoneのバッテリーの最大容量が80%になると、このような現象が発生することがあります。

  • iPhoneの電源が突然落ちる
  • 電池がやたら熱い
  • 充電がすぐになくなる

このような現象が出たらiPhoneのバッテリー交換が必要です。

バッテリー交換

iPhoneのバッテリー交換はAppleで交換できます。

  • AppleCare+ に加入している・・・無料
  • AppleCare+ に加入していない(iPhone X以降)・・・7,400円
  • AppleCare+ に加入していない(iPhone 8以前)・・・5,400円

Appleの保証サービス「AppleCare+ 」に加入していればバッテリー交換は無料、それ以外は有料です。有料でもiPhoneのモデルによって料金が違うので注意してください。

iPhoneヘルプiPhone のバッテリーとパフォーマンス

iPhoneヘルプiPhone の修理 – バッテリーと電源

以上、iPhoneのバッテリーの最大容量についてでした。

コメント