【iPhone 6s】 バッテリー容量と電池の持ちは?

iPhone 6sのバッテリー容量と電池の持ち時間について紹介します!

iPhone 6sのバッテリー容量・電池持ち

iPhone 6sのバッテリー容量

iPhoneの2015年モデルである第9世代のiPhone 6s。このiPhone 6sのバッテリーの容量はこちらです。

発売 モデル バッテリー容量
2015年 iPhone 6s 1715mAh
iPhone 6s Plus 2750mAh
2019年 iPhone 11 Pro Max 3969mAh

iPhone 6sのバッテリー容量は、1715mAhとなっています。

同じ2015年モデルであるiPhone 6s Plusは2750mAhとなっています。iPhone 6s Plusはバッテリー容量的にはiPhone 6sよりかなり大きなバッテリーを搭載しています。

(写真はiPhone 6sではありません。イメージです)

ちなみに、現在最新の2019年モデルのiPhone 11 Pro Maxのバッテリー容量は3969mAhです。6sと比較すると、かなり大容量のバッテリーを搭載しています。4年もたつと、こんなにもバッテリー容量が上がるんですね。

iPhone 6sの電池の持ち時間

iPhone 6sの電池の持ち時間(連続通話時間、インターネット視聴、音楽再生、動画再生の時間)をまとめました。

モデル 連続通話時間 インターネット 音楽 動画
iPhone 6s 14時間 11時間 50時間 11時間
iPhone 6s Plus 24時間 12時間 80時間 14時間
iPhone 11 Pro Max 25時間 15時間 80時間 20時間

iPhone 6s は iPhone 6s Plus と比較すると電池持ちしません。やはり、1715mAhと2750mAhというバッテリーの容量の差がそのまま電池の持ち時間の差となって表れています。

iPhone 6sを2019年モデルのiPhone 11 Pro Maxの比較すると、やはり電池の持ち時間は圧倒的に見劣りします。ただし、iPhone 6s Plusと比較してみると、iPhone 11 Pro Maxとはそれほど差がないことがわかります。大きく差があるのは動画くらいですね。

以上、iPhone 6sのバッテリーの容量と電池の持ち時間でした。

コメント