【iPhone】Wi-Fiを設定する方法

iPhoneはWi-Fiに繋げてインターネットを使うことができます。

こんな人に向けての記事です。

  • iPhoneはWi-Fiに繋げたい
  • iPhoneでWi-Fiの設定方法がわからない

今回は、iPhone11をWi-Fiに繋げる設定を紹介します!

iPhone:この記事はiOS 15で説明しています。

iPhoneをWi-Fiに繋げる設定

iPhoneをWi-Fiに繋げます

それではさっそく、iPhoneをWi-Fiに繋げてみましょう!

iPhoneの「設定」をおします。

「Wi-Fi」をおします。

現在はWi-Fiが無効になっています。

Wi-Fiを有効にします。周囲の接続可能なWi-Fiの一覧が下に表示されます。接続したいところをタップします。もし接続したいWi-Fiが表示されなければ、「その他」をおします。

Wi-Fiの「名前」(SSID)、「セキュリティ」、「パスワード」を入力し、接続をおします。

Wi-Fiの3つの設定値(名前・セキュリティ・パスワード)

● Wi-Fiの3つの設定値

  • 名前
    → SSIDのこと。ルーター本体にシールで表示されています(変更していない場合)
  • セキュリティ
    → 最近は「WPA2/WPA3」が主流です
  • パスワード
    → ルーター本体にシールで表示されています(変更していない場合)

名前・パスワードはルーターを見る

名前・パスワードはルーターの本体にシールが貼られていてそこに記載されています。ただし、変更した場合は使えません。会社の場合は管理者に、自宅の場合は家族に聞いてください。このルーターでは、「プライマリSSID」が「名前」のことで、「暗号化キー」が「パスワード」のことです。

iPhoneがWi-Fiにつながりました。

iPhoneのホームに戻ると、Wi-Fiにつながっているマークが表示されました。

これでiPhoneがWi-Fiにつながりネットが使えるようになりました。

iPhoneのWi-Fiをワンタッチでオン・オフにする

次に、iPhoneのWi-Fiをワンタッチでオン・オフしてみましょう!

外出するときは、余計な電波を拾わないようにWi-Fiをオフにして、家に戻ったらオンにしてという使い方をしますね。

iPhoneでWi-Fiをオン・オフ切り替えるには、「コントロールセンター」を使います。

画面の右上から下へスワイプさせます。

電波マークがWi-Fiのボタンです。無効にする場合はタップしてください。

Wi-Fiが無効になりました。

このように、「コントロールセンター」を使えば、iPhoneのWi-Fiを簡単にオン・オフを切り替えることができます。

以上、iPhoneをWi-Fiに繋げる設定でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました