【Twitter】ハッシュタグが青くならない

Twitterのハッシュタグが青くならないのには理由があります。

こんな人に向けての記事です。

  • 時々ハッシュタグが青くならないのはなぜ?
  • いつも青くなるのに・・・

今回は、Twitterのハッシュタグが青くならない理由について紹介します!

Twitterのハッシュタグが青くならない理由

Twitterのハッシュタグ

Twitterでハッシュタグをふくめてツイートすると、ハッシュタグは青くなります。ハッシュタグはWEBサイトのリンクのように色が変わるのでわかりやすいですよね。

でも上の画像の2行目のように、途中でリンクが切れて、うまくハッシュタグが青くならないケースがあります。これはどういうことなのでしょうか?

Twitterのハッシュタグが青くならない理由

Twitterのハッシュタグが青くならない理由は、ハッシュタグに使えない文字が含まれているからです。

ハッシュタグはどんな文字でも使えるわけではなく、使えない文字もあるのです。使える文字と使えない文字があるというのがややこしいですよね。

ハッシュタグに使えない文字を順番に説明します。

スペースはハッシュタグに使えない

スペースはハッシュタグを区切る文字です。なのでハッシュタグにスペースを含めることはできません。

2行目は#のあとにスペースが入っています。3行目は言葉と言葉の間にスペースが入っています。このようにスペースはハッシュタグでは使えません。

記号・絵文字はハッシュタグに使えない

記号・絵文字もハッシュタグに使えません。記号・絵文字があると、そこでハッシュタグが切れてしまいます。

アンダーバーとハイフンは使える

記号で例外的に使えるのが、_(アンダーバー)と-(ハイフン)です。

でも、_(アンダーバー)が使えるのは半角のみです。全角の_(アンダーバー)は使えません。

そして-(ハイフン)は_(アンダーバー)と逆です。-(ハイフン)が使えるのは全角のみで半角は使えません。ややこしいですね。

というわけで、Twitterのハッシュタグが多くならないのは、使えない文字を含んでいるからでした。記号や絵文字など、使えない文字を除外すれば、ハッシュタグが青くなりますので、文字に注意してみてください!

以上、Twitterのハッシュタグが青くならない理由でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました