TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させる方法

TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させることができます!

こんな人に向けての記事です。

  • TwitterにYouTubeを埋め込みたい
  • YouTubeを自動再生させたい

今回は、TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させる方法を紹介します!

パソコン:この記事はPCで説明しています。

TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させる方法

TwitterでYouTubeを自動再生させることができる

TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させると、見る人はタップしたりクリックする必要がないので便利です。

タイムラインを開いただけで自分のYouTubeが自動再生されるので強制的に動画を見てもらえますからね!

YouTubeを広く知ってもらいたい場合、YouTubeを多くの人に見てもらいたい場合にTwitterを活用するのは有効な手ですね。

YouTube本編ではなくショート版を作る!
注意点として、Twitterにアップロードできる動画は140秒(2分20秒)以内という制限があります。なのでYouTubeのショート版を作ってTwitterにアップし、本編のYouTubeへのリンクを貼るというやり方になります。

埋め込みではなく単純にTwitterにYouTubeを貼り付ける方法はこちらを参照してください。

Media Studioを解放する

TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させるには、Twitter の「Media Studio」を使います。通常は「Media Studio」が使えないようになっているので、まずは「Media Studio」を使えるように解放します。

Twitter の左下にある「もっと見る」をおします。

「Creator Studio」の中に「Media Studio」があるのですが、解放していない場合は表示されません。

「Media Studio」が出てこない場合は「Creator Studio」の中にある「アナリティクス」をおします。

「アナリティクス」が表示されます。「アナリティクスを有効にする」ボタンをおします。「詳細」→「動画」をおします。

「動画アクティビティ」が表示されるので、この画面を閉じます。

ここでメニューに戻り、「もっと見る」を見ると「Creator Studio」の中に「Media Studio」が表示されます。

これで「Media Studio」が解放され使用できるようになりました。

TwitterにYouTubeを埋め込みする方法

次に、「Media Studio」を使ってYouTubeを埋め込んで自動再生させてみましょう!

「Media Studio」の「メディアをアップロード」をおします。

動画を選択しアップロードします。アップロードが完了するとこのように表示されます。アップロード済みの動画を押します。

動画の設定画面が開きます。

「タイトル」「説明」を適宜入力してください。「Call to action」にはYouTubeのURLを貼り付けて下さい。「埋め込みツイートでの再生を許可」のチェックがついていることを確認し、右上にある「ツイート」ボタンをおします。

YouTubeのURLをコピーする方法はこちらを参照してください。

ツイート画面が表示されます。ツイートの内容を入力し、「ツイート」ボタンをおすとツイートされます。予約投稿したい場合は「予約設定する」ボタンを押してください。

これでTwitterにYouTubeの動画を埋め込むことができました。

Twitterのタイムラインにこのツイートが表示された人は動画が自動再生されます。YouTubeへのリンクも表示されるので興味があった人はYouTubeを見てくれるはずです。こうやって地道にYouTubeへ流入させるのは有効ですね!

以上、TwitterにYouTubeを埋め込みして自動再生させる方法でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました