Windows10 暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合の対処法

Windows10では暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合でも暗号化を解除して使えるようにできます。

BitLockerで暗号化されたUSBメモリやUSB外付けハードディスクはパスワードを忘れたら暗号化が解除できなくなり、中身が一切開けなくなります。

そんなときには、BitLockerでUSBメモリを暗号化したときに作成した「回復キー」で暗号化を解除しましょう!

今回は、Windows10で暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合の対処法として回復キーを使う方法を紹介します!

暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合の対処法

それではさっそく、Windows10で暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合、回復キーを使って暗号化を解除していきましょう!

BitLockerのその他のオプション

まずは暗号化されたUSBメモリをパソコンに接続します。

BitLockerのロック解除画面がひらきます。下にある「その他のオプション」をクリックします。

回復キーを使う

「回復キーを入力する」をクリックします。

回復キーとはUSBメモリをBitLockerで暗号化した際に保存した回復キーのファイルに記述されています。こちらが回復キーを記述したファイルになります。

ここの回復キーを入力します。間違えると解除できないため、回復キーは手入力ではなくコピーしましょう!コピーしたら「ロック解除」ボタンをおします。

これでBitLockerで暗号化されたUSBメモリをパスワードが忘れてもロックを解除することができました。

パスワードなしでも使えるか確認する

エクスプローラーを開きます。USBメモリをみると、暗号化の鍵マークが外れて解除されていることがわかります。

これで暗号化が解除され、USBメモリの中をひらくことができました。

パスワードを再設定する

USBメモリの中をひらくことはできましたが、パスワードがわからないままです。

これでは次も面倒な作業が発生してしまうのでパスワードをリセットしましょう!

USBメモリを右クリックして「パスワードの変更」をおします。

パスワード変更画面の下にある「忘れたパスワードをリセットする」をクリックします。

このドライブのロックを解除するためのパスワードを作成する画面がひらきます。新しいパスワードを入力し、「完了」ボタンをおします。

これでBitLockerのパスワードをあらたに設定することができました。

以上、Windows10で暗号化したUSBメモリのパスワードを忘れた場合の対処法でした。

コメント