Windows10 ISOファイルをDVDへ書き込む方法(Windows標準)

Windows10ではWindows標準機能で ISOファイルをDVDへ書き込むことができます。

ISOファイルは、例えばDVDの中身をそのままの形で保存したイメージファイルです。

ISOファイルがあれば、DVDに焼いて複製コピーができたり、ISOファイルをマウントするとDVDがなくてもDVDを使っているかのように使うこともできます。(仮想ドライブ)

今回は、外部のアプリを使わず、Windows10標準機能で ISOファイルをDVDへ書き込む方法を紹介します!

ISOファイルをDVDへ書き込む方法(Windows標準)

それではさっそく、Windows10標準機能で ISOファイルをDVDへ書き込んでいきましょう!

今回は、ISOファイルをDVDに書き込みますので、あらかじめDVDドライブにDVDをセットしてください。

注意点として、ISOの書き込みは「DAEMON Tools」が有名ですが、これをインストールしていると、Windows10標準のISO書き込みが使用できない場合があります。

 

ISOファイルの選択

エクスプローラーでISOファイルを選択します。そしてリボンの「管理」タブをクリックし、「書き込み」をおします。

Windowsディスクイメージ書き込みツールで書き込み

「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動します。書き込みドライブを選択し、「書き込み」ボタンをおします。

DVDにISOファイルのイメージを書き込みが始まります。

DVDへの書込みが終わると、ディスクの最終処理がはじまります。

「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示されます。「閉じる」ボタンをおします。

これで、ISOイメージファイルがDVDへ正常に書き込まれました。DVDの中身を確認してみましょう!

DVDドライブを開くと、DVDの中身が表示されます。ISOファイルの中身が正常に書き込まれているのが確認できました。

以上、Windows10 ISOファイルをDVDへ書き込む方法(Windows標準)でした。

コメント