Windows10 IMEで登録した単語(ユーザー辞書)を別のパソコンで使う方法

Windows10では、IMEで登録した単語(ユーザー辞書)を別のパソコンで使うことができます。

新しいパソコンを購入したとき、別のパソコンでもユーザー辞書ツールに登録した単語を使用したいときは、元のパソコンのユーザー辞書をコピーして別のパソコンでも使えます。

手順としては、元のパソコンで登録した単語をエクスポートし、コピーしたいパソコンへインポートするという手順になります。

今回は、Windows10でIME ユーザー辞書ツールの単語をコピー(エクスポート)して別のパソコンでインポートして使う方法を紹介します!

IME ユーザー辞書をコピー(エクスポート)する方法

それではさっそく、Windows10でIME ユーザー辞書ツールの単語をコピー(エクスポート)していきましょう!まずはユーザー辞書ツールに登録された用語をインポートします。

ユーザー辞書ツール

画面右下にある「あ」もしくは「A」のアイコンを右クリックし、「ユーザー辞書ツール」をクリックします。

「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」が起動します。

「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」のメニューバーから「ツール」→「一覧の出力」をクリックします。

出力先を指定し、ファイル名をつけて「保存」ボタンをおします。

これでユーザー辞書ツールに登録した用語がファイル出力されました。

IME ユーザー辞書をコピー(インポート)する方法

次に、IME ユーザー辞書ツールからエクスポートした単語をインポートしていきましょう!

コピー先のパソコンへファイルをコピーする

ユーザー辞書に登録された単語をコピーする先のパソコンで作業します。

先ほど出力したユーザー辞書のテキストファイルをコピーする先のパソコンへコピーしてください。

ユーザー辞書ツールへインポートして登録する

「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」のメニューバーから「ツール」→「テキストファイルからの登録」をクリックします。

先ほどコピーしたファイルを選択し、「開く」ボタンをおします。

「終了」ボタンをおします。

「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」を確認すると、コピーした単語が登録されていることがわかります。

これで、Windows10の 「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」を使って、登録した単語をエクスポートして、別のパソコンへインポートして登録した単語を使うことができました。

以上、Windows10でIMEで登録した単語(ユーザー辞書)をコピーして別のパソコンで使う方法でした。

コメント