Windows10 メールを保存する方法(下書き)

Windows10のメールアプリで作成したメールは、メールを送信する前に下書きとして保存することができます。

ほかの用事などでメール作成を途中でやめなければいけないときなど、作成中のメールを下書きとして保存しておくと便利です。

Windows10のメールアプリでメールの新規作成画面を表示したあと、ほかの画面に移動すると、作成中のメールは下書きとして保存されます。

今回は、Windows10のメールアプリでメールを下書きとして保存する方法を紹介します。

Windows10のメールアプリを起動する

Windows10でメールを起動する

Windows10のスタートメニューまたはタスクバーから「メール」アプリを起動します。

スタートメニューから起動する場合

Windows10のスタートメニューのアプリ一覧の「メール」またはタイルの「メール」をクリックします。

タスクバーから起動する場合

Windows10のタスクバーの「Mail」アイコンをクリックします。

メールアプリ起動

Windows10の「メール」アプリが起動します。

Windows10でメールを新規に作成する

メールの新規作成

Windows10の「メール」アプリの画面左側にある「メールの新規作成」をクリックします。

Windows10の「メール」アプリの画面右側に新規作成画面が表示されます。

ここに必要な情報を入力します。

Windows10で作成したメールを保存する

メールの下書き

Windows10のメールアプリでメールを作成中にほかの画面に移動すると、作成中のメールは下書きとして保存されます。

新しいウィンドウを表示してメールを作成している場合は、画面を閉じたときに作成中のメールが下書きとして保存されます。

Windows10の下書きメールの保存場所

下書きとして保存されたメールは、Windows10のメールアプリの「下書き」フォルダーに保存されます。

下書きメールの確認

Windows10のメールアプリの画面左側の「その他」をクリックします。

「その他」に保存されているフォルダーが表示されるので、「下書き」をクリックします。

「下書き」の右側には、保存されているメールの数が表示されます。

「下書き」に保存されているメールの一覧が表示されます。

Windows10のメールの作成を再開する

Windows10のメールアプリで下書きしたメールの作成を再開する場合は、「下書き」フォルダーに保存された対象のメールをクリックします。

メールの作成

Windows10のメールアプリの「下書き」フォルダーに保存されているメールをクリックします。

メールの作成画面が表示されるので、メールを作成します。

参考ページWindows10 メールを送信する方法

 

Windows10のメールアプリでメールの作成を中断すると、作成していたメールは「下書き」フォルダーに保存されます。

途中まで作成していたメールで作成を再開できるため、メールをいちから作成しなおす手間が省けるとても便利な機能です。

 

以上、Windows10のメールアプリでメールを下書きとして保存する方法でした。

コメント