Windows10 送信したメールの保存場所

Windows10のメールアプリでメールを送信すると、送信したメールは「送信済みメール」フォルダーに保存されます。

メールがきちんと送信されているかどうかを「送信済みメール」フォルダーで確認することもできます。

今回は、Windows10のメールアプリで送信したメールの保存場所について紹介します。

Windows10のメールアプリを起動する

Windows10でメールを起動する

Windows10のスタートメニューまたはタスクバーから「メール」アプリを起動します。

スタートメニューから起動する場合

Windows10のスタートメニューのアプリ一覧の「メール」またはタイルの「メール」をクリックします。

タスクバーから起動する場合

Windows10のタスクバーの「Mail」アイコンをクリックします。

メールアプリ起動

Windows10の「メール」アプリが起動します。

Windows10で作成したメールの保存場所

送信済みメールの確認

Windows10のメールアプリの画面左側の「その他」をクリックします。

「その他」に保存されているフォルダーが表示されるので、「送信済みメール」をクリックします。

送信したメールが「送信済みメール」フォルダーに保存されていることを確認します。

Windows10の送信済みフォルダーが空!?

メールを送信したはずなのにWindows10のメールアプリの「送信済みメール」フォルダーが空のときってあるんでしょうか?

あるんです!

「送信済みメール」フォルダーに保存されるメールは、送信が完了したメールです。

インターネットの接続がうまくいってなかったり、送信先のメールアドレスに誤りがあったりして、

うまく送信できないメールは「送信トレイ」に保存されます。

送ったはずのメールが「送信済みメール」フォルダーに保存されていない場合は、「送信トレイ」を確認してみましょう。

送信トレイの確認

Windows10のメールアプリの画面左側の「その他」をクリックします。

「その他」に保存されているフォルダーが表示されるので、「送信トレイ」をクリックします。

「送信トレイ」の右側には、保存されているメールの数が表示されます。

「送信トレイ」に保存されているメールの一覧が表示されます。

「送信トレイ」の一覧からメールをクリックすると、メールの内容が表示されます。

メールの宛先に正しいメールアドレスが設定されているかなどを確認します。

メールに誤りがあった場合は修正し、再度メールを送信します。

参考ページWindows10 メールを送信する方法

何らかの問題で一時的にメールが送信できない場合は、いったん「送信トレイ」に保存され、メールの送信が完了すると「送信済みメール」フォルダーに移動します。

 

Windows10のメールアプリのでメールを送信した後、そのメールの状態がどうなっているのかを「送信済みメール」フォルダーや「送信トレイ」フォルダーで確認することができます。

送信したメールがどのフォルダーに保存されるのか知っておくと便利です。

 

以上、Windows10のメールアプリで送信したメールの保存場所について紹介しました。

 

 

コメント