Windows10 メールを返信する方法

Windows10のメールアプリで受信したメールの中には、返信が必要なメールもありますよね。

メールを返信するのに、新しくメールを作成して送信するよりも、受信したメールを利用して返信したほうが、メールの要件を履歴として残すことができ、経緯がひとつのメールで確認できるので便利です。

また、受信メールの差出人のメールアドレスがそのまま宛先に指定されるので、入力のミスを防ぐこともできます。

今回は、Windows10のメールアプリで受信したメールを利用して返信する方法を紹介します。

Windows10でメールを返信する方法

Windows10のメールアプリでメールを返信する方法は2通りあります。

  • 受信メールの差出人のみに返信する方法(返信)
  • 受信メールの差出人・CCに指定された全員に返信する方法(全員に返信)

Windows10のメールアプリでは、これらを「返信」、「全員に返信」というように区別しています。

Windows10の受信メールを表示する

Windows10でメールを起動する

Windows10のスタートメニューまたはタスクバーから「メール」アプリを起動します。

スタートメニューから起動する場合

Windows10のスタートメニューのアプリ一覧の「メール」またはタイルの「メール」をクリックします。

タスクバーから起動する場合

Windows10のタスクバーの「Mail」アイコンをクリックします。

受信トレイを表示する

Windows10の「メール」アプリが起動し、受信トレイが表示されます。

受信メールを表示する

Windows10のメールアプリで返信する必要のある受信メールをクリックします。

受信メールが表示されます。

Windows10でメールを返信する(返信)

返信メールの作成画面を表示する

Windows10のメールアプリで、受信メールの画面上部にある「返信」をクリックします。

返信用のメール作成画面が表示されます。

返信メールを作成する

返信用のメール作成画面には、元になる受信メールの内容がそのまま追加されます。

画面の一番上に返信用のメールを作成します。

返信用のメールは、通常のメールと同じように作成し送信します。

参考ページWindows10 メールを送信する方法

返信メールの特徴

返信用のメールの「宛先」には、元になる受信メールの「差出人」が設定されます。

元になる受信メールの「CC」にメールアドレスが設定されていても、返信用のメールには反映されず、差出人のみが返信対象となります。

返信用のメールの「件名」には、元になる受信メールの「件名」の先頭に「RE:」がついたものが設定されます。

Windows10でメールを返信する(全員に返信)

返信メールの作成画面を表示する

Windows10のメールアプリで、受信メールの画面上部にある「全員に返信」をクリックします。

返信用のメール作成画面が表示されます。

返信メールを作成する

返信用のメール作成画面には、元になる受信メールの内容がそのまま追加されます。

画面の一番上に返信用のメールを作成します。

返信用のメールは、通常のメールと同じように作成し送信します。

参考ページWindows10 メールを送信する方法

返信メールの特徴

返信用のメールの「宛先」には、元になる受信メールの「差出人」が設定されます。

返信用のメールの「CC」には、元になる受信メールの「CC」が設定されます。

返信用のメールの「件名」には、元になる受信メールの「件名」の先頭に「RE:」がついたものが設定されます。

 

これで、Windows10のメールアプリで受信メールを利用してメールを返信することができました。

以上、Windows10のメールアプリで受信したメールを利用して返信する方法でした。

コメント