Windows10 Gmailの設定エラー(0x8000000b)の解決方法

Windows10の「メール」アプリにGmailを設定しようとすると、設定エラー(0x8000000b)になる場合があります。

メール設定中にエラーがでると、ドキドキしてしまいませんか?

今回は、Windows10の「メール」アプリでGmailの設定エラー(0x8000000b)がでたときの解決方法を紹介します。

Windows10のGmailの設定エラー(0x8000000b)

Windows10の「メール」アプリにGmailを設定するときに、いつ、このエラーが発生するのかを説明します。

エラー(0x8000000b)が起きるタイミング

Windows10の「メール」アプリを起動し、Gmailの設定を開始します。

参考ページWindows10 Gmailを設定する方法

Windows10の「メール」アプリの「アカウント追加」画面で「Google」を選択します。

処理を進めて、「WindowsがGoogleへのアクセスをリクエストしています」というメッセージが表示される画面で「許可」ボタンをクリックします。

このときに、「問題が発生しました」というメッセージが表示されます。

エラーの原因は詳しく表示されませんが、どうやら「エラーコード:0x8000000b」が原因であることがわかります。

Windows10のエラーコード(0x8000000b)

エラーコード:0x8000000bってなに?

では、Windows10のエラーコードである「0x8000000b」とはどんなエラーなのでしょうか?

Microsoftが提供しているMSDNには、以下の記載がありました。

Return value/code:0x8000000B/STATUS_NO_INHERITANCE

Description:{Non-Inheritable ACL} An access control list (ACL) contains no components that can be inherited.

参考サイトhttps://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc704588.aspx

Description(説明)を日本語に訳すと、以下のようなことです。

「{継承不可能な ACL}アクセス制御リスト (ACL) に継承可能なコンポーネントが登録されていません。」

参考サイトhttp://accelart.jp/blog/NTSTATUSErrMsgJa.html

WindowsからGoogleへのアクセス制御

なんか難しそうですが、要するに、GoogleがWindowsからのアクセスを拒否しているということですね。 

ということは、WindowsからGoogleへのアクセスを許可してあげればいいですよね。

今回は、GmailをWindows10の「メール」アプリに設定したいので、メールに関する設定を変更してあげればよさそうです。

WindowsからGmailへアクセスを許可するためには

Windows10からGmailへのアクセス許可

メールを受信するには、IMAPとPOPという仕組みが使われています。

このIMAPとPOPは、Windows10の「メール」アプリとGmailを同期させるときにも利用されています。

Gmailの設定で、IMAPかPOPを利用できるようにすれば、WindowsからGmailへのアクセスが許可されると考えられます。

IMAPとは

Gmailヘルプには、IMAPについて次のように説明されています。

Windows10の「メール」アプリなどのメール クライアントで Gmail のメールを読むことができます。

IMAP を使用して複数の端末で Gmail のメールを読むことができ、メールはリアルタイムで同期されます。

参考サイトhttps://support.google.com/mail/answer/7126229?visit_id=636746492255867272-374649738&hl=ja&rd=1

POPとは

Gmailヘルプには、POPについて次のように説明されています。

Windows10の「メール」アプリなどのメール クライアントで Gmail のメールを読むことができます。

POP は 1 台のパソコンでのみ使用できます。

メールがリアルタイムで同期されることはありません。

メールはダウンロードされるため、新着メールをダウンロードする頻度を指定します。

参考サイトhttps://support.google.com/mail/answer/7104828?hl=ja&visit_id=636746492255867272-374649738&rd=1

windows10のGmailの設定エラー(0x8000000b)の解決方法

Gmailの設定画面表示

Gmailを開き、画面右側の「設定」ボタンをクリックします。

メニューから「設定」をクリックします。

Gmailの「設定」画面が表示されます。

 

GmailのPOP/IMAP設定変更

利用環境により、GmailのPOPまたはIMAPの設定を変更します。

Gmailの「設定」画面上部の「メール転送とPOP/IMAP」をクリックし、POPまたはIMAPの設定を「無効」から「有効」に変更します。

今回は、GmailのIMAPの設定を変更します。

「IMAPアクセス:」の「IMAPを有効にする」をクリックします。

「IMAPを有効にする」をクリックすると、そのほかの設定が表示されるので、必要に応じて設定内容を変更します。

「設定を保存」ボタンをクリックします。

これで、WindowsからGmailへのアクセスが許可されるようになりました。

再度、Windows10の「メール」アプリでGmailを設定します。

Windowsのエラー(0x8000000b)が発生せずに設定ができるはずです。

参考ページWindows10 Gmailを設定する方法

 

以上、Windows10の「メール」アプリでGmailの設定エラー(0x8000000b)がでたときの解決方法でした。

コメント