【Excel】ヒストグラムの作り方(2019・2016)

スポンサーリンク

Excel 2016・2019では簡単にヒストグラムを作ることができます。

  • Excelでヒストグラムを作成したい
  • ヒストグラムの横軸を任意の区間に変更したい
  • ヒストグラムで正規分布を確認したい

Excelはデータを選択してヒストグラムを挿入するだけで簡単にヒストグラムを作成することができます。

今回は、Excel(エクセル)でヒストグラムを作る方法を紹介します!

Office 365 2019 2016

Excelでヒストグラムを作る方法

それでは、Excelでヒストグラムを作成してみましょう!

ヒストグラムを作る

ヒストグラムを作成するには、まず元になるデータを選択します。ここでは「A1~A102セル」までをドラッグして範囲選択します。

「挿入」タブをおし、青い棒グラフのアイコンの「統計グラフの挿入」をおします。

「ヒストグラム」をクリックします。

ヒストグラムが挿入されました。

以前のバージョンではヒストグラムを作るのは面倒でしたが、Excel2016以降はこのように簡単にExcelでヒストグラムを作ることができるようになりました。

ヒストグラムの横軸の区間を変更する

次にヒストグラムの横軸の区間を変更してみましょう!

先ほどヒストグラムを作成したところ、横軸の区間は「0.02」でした。これはExcelが自動で見やすい区間に設定したものです。

今回は、ヒストグラムの横軸の区間を「0.02」から「0.01」へ変更します。

グラフの横軸(X軸)のラベルをクリックしてから、右クリックします。「軸の書式設定」をクリックします。

「軸の書式設定」がひらきました。「ビンの幅」にチェックを入れて、「0.02」から「0.01」へ変更して「Enter」キーをおします。

ヒストグラムの区間が「0.01」に変更されました。

ヒストグラムのスタイルを変更する

このままでもいいですが、ヒストグラムにタイトルをつけ、色を変更し、数値ラベルも表示してみます。

ヒストグラムを一度クリックすると筆アイコンが表示されます。このアイコンをクリックして「スタイル」「色」から好みのグラフのスタイルや色に変更してみてください。

こちらが完成したヒストグラムです。

このようにヒストグラムの色も簡単に変更できるので、好みの色に変更してみてください。

Excelではこのようにヒストグラムを簡単に作成できるので、ぜひ使ってみてください!

Officeヘルプヒストグラムを作成する

以上、Excelのヒストグラムを作成する方法でした。

 

コメント