【Excel】順位を求める方法(RANK関数・RANK.EQ関数)

Excelで順位を求めるにはRANK関数・RANK.EQ関数を使います。

  • 順位を求めたい
  • ランク順に並べたい
  • RANK関数・RANK.EQ関数の使い方を知りたい
  • RANK関数とRANK.EQ関数の違いについて知りたい

今回は、EXCEL(エクセル)で順位を求めるRANK関数・RANK.EQ関数の使い方を紹介します!

EXCELで順位を求める RANK関数・RANK.EQ関数

Office 365 2019 2016 2013 2010

RANK関数・RANK.EQ関数

EXCELで順位を求めるには「RANK.EQ」を使います。

RANK」もありますが、「RANK」はEXCEL 2007以前にも対応した関数です。通常は「RANK.EQ」を使います。

構文

=RANK.EQ(数値, 開始セル:終了セル, 0 or 1)
=RANK(数値, 開始セル:終了セル, 0 or 1)

3つのパラメータの「0 or 1」は「0か1」です。

  • 0・・・降順(大きい順)
  • 1・・・昇順(小さい順)

使用例

--A1~A3セルでA1セルの順位を求める
=RANK.EQ(A1, A1:A3, 0)
=RANK(A1, A1:A3, 0)

RANK関数・RANK.EQ関数でできること

  • 順位を求めます
  • 昇順(小さい順)・降順(大きい順)を指定できます
  • RANK関数とRANK.EQ関数の使い方は同じです
  • RANK関数はEXCEL2007以前に対応しています
  • 同じ値は同じ順位になります

RANK関数・RANK.EQ関数で順位平均を求める

それではさっそく、RANK関数・RANK.EQ関数を使って順位を求めてみましょう!

RANK関数とRANK.EQ関数の使い方は同じなので、今回は「RANK.EQ関数」を使います。

ここではC3~C9セルに入力された人口のランクを求めます。人口の多い順、つまりを降順で求めます。

=RANK.EQ(C3, C3:C9, 0)

任意のセルに「=RANK.EQ(C3, C3:C8, 0)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

RANK.EQ関数を使って、順位を求めることができました。他のセルにもコピーして、関東の人口順のランクを求めることができました。

同じ順位の場合

同じ値があった場合、RANK関数・RANK.EQ関数では同じ順位になります。

ここでは3位が同率で2つあります。同じ順位がある場合、次の番号は飛ばされるため、4位がなくて5位から続きます。

文字・空白は順位を求められない

次に、セルの中に文字列や空白が混在しているイレギュラーな順位を求めてみましょう!

「なし」という文字列や空白が含まれますが、RANK.EQ関数では正しく順位を計算できませんでした。

文字列・空白を除外してランクが取得されました。RANK関数・RANK.EQ関数はこのように数値のみで順位を求めます。計算できない文字列や空白があった場合はエラーとなり、順位の対象外となります。

 

EXCELのRANK.EQ関数を使って数値の平均を求めることができました。RANK関数・RANK.EQ関数はとても便利な関数なのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプRANK.EQ 関数

OfficeヘルプRANK 関数

以上、EXCELで順位を求める「RANK.EQ関数」「RANK関数」の使い方でした。

 

コメント