【Excel】小数点以下を切り上げする

EXCEL(エクセル)で小数点以下を切り上げする「ROUNDUP関数」があります。

  • 小数点以下を切り上げしたい
  • ROUNDUP関数の使い方を知りたい

今回は、EXCEL(エクセル)で小数点以下を切り上げするROUNDUP関数の使い方を紹介します!

EXCELで小数点以下を切り上げする関数

Office 365 2019 2016 2013 2010

ROUNDUP関数

EXCELで小数点以下を切り上げするには「ROUNDUP」があります。

構文

=ROUNDUP(数値, 桁)

使用例

--A10セルの小数点以下を切り上げする
=ROUNDUP(A10, 0)

ROUNDUPで小数点を切り上げる

それではさっそく、ROUNDUP関数を使って小数点以下を切り上げましょう!

ここではC3セルの小数点以下を切り上げします。

=ROUNDUP(C3, 0)

任意のセルに「=ROUNDUP(C3, 0)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

ROUNDUP関数を使って「10.72」の小数点以下を切り上げ「11」としました。

マイナス値の切り上げ

ROUNDUP関数を使って負(マイナス)の値を切り上げると、小さな値に丸められます。

「-0.02」は「-1」に切り上げられました。よりマイナス方向へ丸められ小さな値となります。

EXCELのROUNDUP関数を使って数値を切り上げることができました。ROUNDUP関数は便利な切り上げ関数なのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプROUNDUP 関数

参考ページ【Excel】小数点を切り捨てする3つの関数

以上、EXCELで小数点以下を切り上げする「ROUNDUP関数」の使い方でした。

コメント