【Excel】SUBTOTAL関数の使い方

スポンサーリンク

EXCEL(エクセル)は「SUBTOTAL関数」で小計・総合計をはじめ様々な集計を求めることができます。

  • SUBTOTAL関数の使い方を知りたい
  • 合計(9、109)の使い方を知りたい
  • 小計を合計したい

「SUBTOTAL関数」は合計だけでなく、平均・カウント・最大なども求めることができる集計関数です。

今回は、EXCEL(エクセル)で小計・総合計を求めるSUBTOTAL関数の使い方を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

EXCELで小計・総合計を求めるSUBTOTAL関数

SUBTOTAL関数

EXCELで小計・総合計を求めるには「SUBTOTAL」を使います。

構文

=SUBTOTAL(集計区分,開始セル:終了セル)

<集計区分>

非表示セルも含む 非表示セルを含めない 機能
1 101 AVERAGE(平均)
2 102 COUNT(数値日付カウント)
3 103 COUNTA(全てカウント)
4 104 MAX(最大)
5 105 MIN(最小)
6 106 PRODUCT(積)
7 107 STDEV.S(標準偏差)
8 108 STDEV.P(標準偏差)
9 109 SUM(合計)
10 110 VAR.S(分散)
11 111 VAR.P(分散)

使用例

--A1~A3セルの合計を求める
=SUBTOTAL(9, A1:A3)
=SUBTOTAL(109, A1:A3)

SUBTOTAL関数でできること

  • 小計・総合計を求めます
  • 小計を2重に集計せずに総合計を集計できます
  • 合計だけでなく、平均・最大・最小・分散・標準偏差を集計できます

SUBTOTALで小計を求める

それではさっそく、SUBTOTAL関数を使って小計を求めてみましょう!

今回は関東・関西の人口の合計を集計するため、小計・総合計をSUBTOTAL関数を使って求めます。

ここではC2~C8セルの合計をC9セルに集計します。合計を求める際、通常はSUM関数を使いますが、ここはSUBTOTAL関数の方が適しています。なぜかは後述します。

=SUBTOTAL(9,C2:C8)

C9セルに「=SUBTOTAL(9,C2:C8)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。第一引数の「9」は「非表示セルも含めて合計する」という意味です。非表示セルは含めない場合は「109」にしてください。

=SUBTOTAL(9, C10:C15)

同様に、C16セルに「=SUBTOTAL(9, C10:C15)」と入力します。

SUBTOTAL関数を使って、関東・関西の人口の合計をそれぞれ小計として集計することができました。SUM関数ではなくSUBTOTAL関数を使うところがポイントです。

SUBTOTALで総合計を求める

次に、SUBTOTAL関数ですべての合計である総合計を求めてみましょう!

=SUBTOTAL(9,C2:C16)

C17セルに「=SUBTOTAL(9,C2:C16)」と入力します。

合計するセル範囲は「C2:C16」としました。C2セル~C16セルの中には小計が2行含まれてします。これは大丈夫なのでしょうか?この結果を見てみましょう!

関東・関西の人口の総合計は正しく集計されました。

これは、セル範囲内にSUBTOTAL関数を使って集計されたものがあれば、SUBTOTAL関数は集計から除外するからです。なのでSUBTOTAL関数は2重集計されることはありません

例えば、小計をSUM関数、総合計をSUBTOTAL関数で集計すると2重に集計されてしまいます。すべてSUBTOTAL関数で集計するのがコツです。

このようにSUBTOTAL関数で小計・総合計を集計するば2重集計されることがないため、とても便利な関数なんです!

 

EXCELのSUBTOTAL関数を使って小計・総合計を求めることができました。SUBTOTAL関数は応用度の高いとても便利な関数なのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプSUBTOTAL 関数

以上、EXCELで小計・総合計を求める「SUBTOTAL関数」の使い方でした。

コメント