【Excel】小数点を切り捨てする3つの関数

EXCEL(エクセル)で小数点以下を切り捨てする関数として、INT・TRUNC・ROUNDDOWNなどがあります。

  • 小数点以下を切り捨てしたい
  • INT関数の使い方を知りたい
  • TRUNC関数の使い方を知りたい
  • ROUNDDOWN関数の使い方を知りたい

今回は、EXCEL(エクセル)で小数点以下を切り捨てするINT関数・TRUNC関数・ROUNDDOWN関数の使い方を紹介します!

EXCELで小数点以下を切り捨てする関数

Office 365 2019 2016 2013 2010

3つの関数

EXCELで小数点以下を切り捨てする関数として、おもに3つあります。

  1. INT関数
  2. TRUNC関数
  3. ROUNDDOWN関数

今回はこの3つの関数の使って小数点以下を切り捨てしてみます。そしてこの3つの関数の違いも紹介します!

INT関数で小数点以下を切り捨てする

INT関数

EXCELで小数点以下を切り捨てする1つ目の方法として、「INT」があります

構文

=INT(数値)

使用例

--A10セルの小数点以下を切り捨てする
=INT(A10)

INTで小数点を切り捨てる

それではさっそく、INT関数を使って小数点以下を切り捨てしましょう!

=INT(C3)

任意のセルに「=INT(C3)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

INT関数を使って小数点以下を切り捨てしました。

TRUNC関数で小数点以下を切り捨てする

TRUNC関数

EXCELで小数点以下を切り捨てする2つ目の方法として「TRUNC」があります。

構文

=TRUNC(数値, 桁)

使用例

--A10セルの小数点以下を切り捨てする
=TRUNC(A10)
=TRUNC(A10, 0)

TRUNCで小数点を切り捨てる

それではさっそく、TRUNC関数を使って小数点以下を切り捨てしましょう!

=TRUNC(C3)
=TRUNC(C3, 0)

任意のセルに「=TRUNC(C3,)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

第2パラメータに「0」を指定しても同じ結果になります。「=TRUNC(C3, 0)」と入力します。

TRUNC関数を使って小数点以下を切り捨てしました。

ROUNDDOWN関数

EXCELで小数点以下を切り捨てする3つ目の方法として「ROUNDDOWN」があります。

構文

=ROUNDDOWN(数値, 桁)

使用例

--A10セルの小数点以下を切り捨てする
=ROUNDDOWN(A10, 0)

ROUNDDOWNで小数点を切り捨てる

それではさっそく、ROUNDDOWN関数を使って小数点以下を切り捨てしましょう!

=ROUNDDOWN(C3, 0)

任意のセルに「=ROUNDDOWN(C3, 0)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

ROUNDDOWN関数を使って小数点以下を切り捨てしました。

切り捨て関数の違い

INT・TRUNC・ROUNDDOWNの違い

小数点以下を切り捨てするのに、3つの関数「INT」「TRUNC」「ROUNDDOWN」がありました。

この3つの関数の違いは何でしょうか?どれを使えばよいのでしょうか?

いろいろな数値を3つの関数「INT」「TRUNC」「ROUNDDOWN」で小数点以下を切り捨てした結果です。

黄色と緑のセルが違いますね。正の数値は同じ結果になりますが、負の数値は結果が異なりました。

負(マイナス)の値を切り捨てると、INT関数は小さな値に丸められ、TRUNC関数・ROUNDDOWN関数は大きな値に丸められます。

マイナスの数値の場合、このように3つの関数に違いがでてきました。どれを使うかは必要な要件によって使い分けてください。

  • マイナス値の小数点以下を大きな値に丸める →TRUNC、ROUNDDOWN
  • マイナス値の小数点以下を小さな値に丸める →INT

EXCELのMID関数を使ってセル・文字列を切り取ることができました。MID関数は便利な文字関数なのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプINT 関数

OfficeヘルプTRUNC 関数

OfficeヘルプROUNDDOWN 関数

以上、EXCELで小数点以下を切り捨てする3つの関数「INT」「TRUNC」「ROUNDDOWN」の使い方でした。

コメント