Microsoft 365とOffice 365の違いって何?

スポンサーリンク

Office 365が新たにMicrosoft 365に生まれ変わりました。

  • Microsoft 365とOffice 365は何が違う?
  • 価格が違う?
  • 機能が違う?

今回は、Microsoft 365とOffice 365の違いについて説明します。(個人向けのみです)

Microsoft 365とOffice 365の違いって何?

Microsoft 365とOffice 365の違い

Office 365 Solo」が生まれ変わり、「Microsoft 365 Personal」となりました。

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

Microsoft公式https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365

名前が変わりましたが、変更点はほとんどありません。変更点は2つです。

  1. 名前の変更(Office 365 Solo → Microsoft 365 Personal)
  2. 機能追加

名前が変わり、機能が少し追加されただけなので、中身がまったく別の製品になったというわけではありません。

まずはこの「名前が変更され、機能が追加されただけ」をおさえてください。

価格は変更なしです。元からあった機能にも変更はありません。従来の「Office 365 Solo」のサブスクリプションを使用している方はそのまま「Microsoft 365 Personal」に引き継がれて、そのまま使用できます。

名前が変更された

2020年4月から、Officeのサブスクリプション型の名前が「Microsoft 365 Personal」に変わりました。

そもそもOfficeは2系統あります。サブスクリプション型のOffice 365と買い切り型のOffice 2019です。

  1. Office 365・・・サブスクリプション型(毎月or毎年購入)
  2. Office 2019・・・買い切り型(一回のみ購入)

同じOfficeですが、購入形態が違うことにより名前も違います。でも「Office 365」と「Office 2019」の名前が似ており、区別がわからない人も結構いたかもしれません。

今回はこの名前が変更されました。

  1. Microsoft 365 Personal(Office 365 Solo
  2. Office 2019

「Microsoft 365 Personal」と「Office 2019」になり、名前がはっきり別れましたね。

このように名前が変更されたというのが一番の大きな変更点です。

機能が追加された

今回、Officeの名前変更以外に機能が少しだけ追加されました。

主なものは「Teams」と「AI」です。

1つ目は「Teams」です。

「Teams」はグループチャット、ファイル共有などができるグループウェアのようなソフトです。簡単にいうと、LINEなどSNSのビジネス版のようなものです。社内で「Teams」を使ってチャットしている会社も多いと思います。

本来はビジネス用途の「Teams」が個人でも使えるようになったということです。

2つ目は「AI」です。

「AI」というのは、はWORDやOUTLOOKで文章を入力する際、スペルミスや文法の間違いをAIが指摘してくれるというもの。

ざっと見ても、多くのOfficeユーザーにとってそれほど大きな機能追加ではありませんね。

Microsoft 365とOffice 365の違いのまとめ

というわけで、Microsoft 365とOffice 365の違いをまとめると、

  • 名前が「Microsoft 365 Personal」に変わった
  • 機能が追加された
  • 新機能は用途が微妙
  • 価格は変更なし
  • 今使っているOffice365のサブスクリプションはそのまま使える
  • Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどはそのまま使える
  • アップデートの作業は必要ない
  • 「Office 365 Solo」は今後、購入できない

ということです。

なので、簡単にいってしまうと、

Office 365の名前が変わっただけ!

と思っても間違いではないかと。

以上、Microsoft 365とOffice 365の違いについてでした。

コメント