【iPhone】ウイルスの感染をチェックする(確認と対策)

iPhoneでウイルスの感染をチェックしたいケースがあります。

  • iPhoneのウイルス感染をチェックしたい
  • iPhoneがウイルスに感染したか確認する方法は?
  • ウイルスに感染しない対策は?

今回は、iPhoneでウイルスの感染をチェックする方法(確認と対策)を紹介します!

iPhoneはウイルスに感染しにくい

まず大前提として、そもそもiPhoneはウイルスに感染しにくい構造になっています。

  1. アプリにはApple Storeの厳格な審査がある
  2. iOSはセキュリティが強固
  3. ウイルスの数自体がそもそも少ない

順に説明します。

1. アプリにはApple Storeの厳格な審査がある

iPhoneのアプリをApple Storeで公開するには、Apple Storeの厳格な審査があります。

ここで、セキュリティが脆弱なアプリや悪質なアプリは審査が通らないようになっています。ここがAndroidと違うところです。

2. iOSはセキュリティが強固

iPhoneのOSであるiOSはセキュリティが強固だと言われています。

「サンドボックス」という独自の領域でアプリが動作する設計のため、システム領域に影響を及ぼさない仕組みになっています。

このためAppleは「iPhoneはウイルスに感染しない」という立ち位置です。

3. iPhoneのウイルス自体の数が少ない

iPhoneは日本で売れており、シェアが半分ほどと言われていますが、世界的なシェアは2割ほどしかない少数派のスマホです。

世界的には圧倒的にAndroidが多数派なのです。PCでも、Windowsが9割弱で圧倒的なのに対し、Macは1割程度の少数派です。

つまり、そもそも数の少ないiPhone用のウイルスを作ったところで、波及する影響力が小さいため、ウイルスを作る側のメリットがない事情もあると考えます。

そんな事情でiPhoneのウイルス自体の数は非常に少ない傾向にあります。

とはいえ、いくらセキュリティ的に堅牢であっても、100%ウイルスを防ぐことができるわけではありません。次に、ウイルス感染をチェックする方法を紹介します!

iPhoneでウイルスの感染をチェックする(確認と対策)

iPhoneでウイルスの感染をチェックする方法(確認)

それでは、iPhoneでウイルスの感染をチェックするアプリはあるのでしょうか?

結論をいうと、

iPhoneにウイルスの感染をチェックするアプリはありません!

2020年現在、iPhoneにはウイルススキャンをするアプリが存在しません。ウイルスバスター、ノートンなどの有名なアプリのiOS版はありますが、不正なWEBサイトを警告するようなセキュリティ機能はありますが、ウイルスをスキャン・駆除する機能はありません

こちらはウイルスバスターのiOS版です。仕様が下に書いてありますが、ウイルススキャン・駆除の文言はありません。

Apple側がiOSの仕様を公開しないので、ウイルススキャンするアプリを作ることができないと思われます。

よって、ウイルスに感染したかチェックするには、自分で行うしか方法はありません。でも、ウイルス作成者でも専門家でもない我々がどのように感染したか?を知るのでしょうか・・。

残念ながら、iPhoneがウイルスに感染したかどうか、個人で知る術はないというのが結論です。

ウイルスが検出されたら

まれに「ウイルス警告」や「iPhoneがウイルスに感染している可能性があります」と表示される場合がありますが、それらは詐欺目的・アプリへの誘導なので、無視すればよいです。

iPhoneにウイルスを警告する機能はないので、信用しないでください。

iPhoneのウイルス対策

Windows・AndroidのようにウイルスをスキャンするアプリはiPhoneにはないのですが、自分でiPhoneのウイルス対策をとることはできます。

  1. 身に覚えのないメールは開かない
  2. ウイルスソフトが入っていないPCに接続しない
  3. フリーのWi-Fiにつながない
  4. むやみにアプリをインストールしない
  5. 必要のないアプリは削除する
  6. iOSを最新にする
  7. 脱獄しない(ジェイルブレイク)

iPhoneだけに限らず、一般的なセキュリティ対策ですね。

1. 身に覚えのないメールは開かない

怪しいメール、身に覚えのないメールは開かない方がよいです。

メールから感染する事例はあとを絶たないので、絶対に開いてはいけません。また、添付ファイルも危険なため、よくわからない添付ファイルは開いてはいけません。

2. ウイルスソフトが入っていないPCに接続しない

iPhoneをPCと接続したら、そのPC経由でウイルスに感染するかもしれません。

よって、PCと接続する際は注意が必要です。特にウイルスソフトが入っていないWindows PCには接続しないようにしてください。

3. フリーのWi-Fiにつながない

自宅、勤務先以外で、フリーの公衆無線Wi-Fiがあります。

無料だからといって使ってはいけません。そもそもセキュリティ対策がどこまで対応されているかわかりません。通信が暗号化されていないため、第三者に見られてしまうこともあります。

何があるのかわからないので、信頼できないフリーWi-Fiにつながないようにしましょう。

4. むやみにアプリをインストールしない

便利だからといって、アプリをたくさんインストールするのもおすすめしません。

Apple Storeの厳格な審査があるので大丈夫!とはいっても100%ではないかもしれません。リスクを減らすためにも必要最低限のアプリだけにしましょう。

5. 必要のないアプリは削除する

使っていないアプリが悪用されないとも限りません。不要なアプリは即刻削除してください。

参考ページ【iPhone】アプリを消す方法(iOS13以降に対応)

6. iOS・アプリを最新にする

iOSとアプリは常に最新にしておいてください。新しいバージョンの方がセキュリティ対策が施されているため安心できます。過去にiPhoneの脆弱性をついた攻撃がありました。それも最新バージョンであれば対策済みのため安全です。

参考ページiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートする方法

7. 脱獄しない(ジェイルブレイク)

脱獄(ジェイブレイク)すると、通常ではできないことができるようになり自由度があがります。しかし、過去にiPhoneがウイルスに感染したのはこの脱獄したiPhoneです。脱獄はしない方がよいです。

iPhoneでウイルス感染したかどうかチェックするアプリはありませんが、常日頃、自分でウイルス対策をしておくのが一番安全です。

以上、iPhoneでウイルスの感染をチェックする方法(確認と対策)でした。

コメント