【iPhone11】イヤホン ジャックがない?使い方・変換

iPhone 11にはイヤホンジャックがないので使い方がわからなくて困る場合があります。

  • iPhoneのイヤホンジャックはないの?
  • どうやっていイヤホンを使うか、使い方がわからない
  • イヤホンを変換したい

今回は、iPhoneのイヤホンジャックがないする方法を紹介します!

iPhone11のイヤホンの使い方

それではさっそく、iPhoneのアプリを完全削除してみましょう!

iPhone11にはイヤホンジャックがない

iPhone 11にはイヤホンジャックはありません。

iPhone 11の下には差込口がありますが、ライトニングジャックです。

よって、このような一般的なイヤホンジャックのイヤホンを差し込もうとしても、イヤホンジャックがないため使うことができません。

この場合、どうしたらよいのでしょうか?

iPhone11でイヤホンの使い方

iPhone11でイヤホンを使うには、おもに3つの方法があります。

  1. ライトニング対応イヤホン
  2. 変換コネクタ + 従来のイヤホン
  3. ワイヤレス対応のイヤホン

順番に説明します!

1. ライトニング対応イヤホンを使う

まず、もっとも簡単なのが、iPhone 11に付属しているライトニング対応のイヤホンを使うことです。

iPhone 11付属のイヤホンであれば、ライトニングに対応しており、そのまま使用することができます。

2. 変換コネクタ+従来のイヤホン

次に、従来から使っていたイヤホンを使いたい場合は変換コネクタを使います。

ライトニング・イヤホンを変換するケーブルはAppleストアから買うこともできるし、アマゾンでも買うことができます。

この変換コネクタをiPhoneとイヤホンの間に接続します。

接続するとこのようになります。これで、iPhone 11でもイヤホンジャックのイヤホンを使うことができます。

3. ワイヤレス対応イヤホン

iPhone 11でイヤホンを使う場合、最近はワイヤレス対応イヤホンを使うのが主流です。

ケーブルは何かと邪魔なので、Bluetoothを使ったワイヤレスイヤホンがおすすめです。これを機に買い替えを検討してもよいと思います。

ケーブルが短いワイヤレスイヤホンはこちらです。スポーツしても邪魔になりにくいです。こちらは怪しい中華メーカーではなくJBLなので安心できます。

完全にケーブルがないコンパクトタイプもあります。価格は少し高くなります。

このように、iPhone 11のイヤホンジャックがない場合でも、ライトニング対応イヤホンを使う、変換ケーブルを使う、ワイヤレスイヤホンに乗り換える方法があります。

以上、iPhone 11のイヤホンジャックがない場合のイヤホンの使い方・変換方法でした。

コメント