SoftEther「Desktop VPN」の使い方(Windows10)

スポンサーリンク

外出先で手軽にVPNを利用したい場合、SoftEtherの「Desktop VPN」があります。

  • 自宅や外出先から社内LANへ入って仕事したい
  • 外部から自宅LANへ入ってファイルを見たい
  • 外部から盗聴されずに安全にアクセスしたい

今回は、簡単にVPN接続できるSoftEtherの「Desktop VPN」の使い方を紹介します!

SoftEtherの「Desktop VPN」とは?

VPNはVirtual Private Networkの略です。仮想プライベート・ネットワークのことで、外部ネットワークをローカルなネットワークのように扱う技術です。

外にいても会社のLANにアクセスできたり、自宅LANにアクセスできたりします。通信内容が暗号化されるので盗聴のリスクもありません。

VPNのサービスは数多くありますが、価格が安く手軽に安心して使えるVPNに「Desktop VPN」があります。(※無料は要注意です!)

公式サイトDesktopVPN | 会社の PC に自宅から安全にリモートアクセス。VPN セキュリティを低価格で

価格

  • 月額基本料金:995円 / サーバー1台
  • 利用者ライセンス:995円 / 1台

例えば、アクセス先がサーバー1台で同時接続する利用者が1人であれば、月額995円です。サーバー1台で同時接続する利用者が2人であれば、月額1,990円です。

非常に安価にVPNが使用できるのが「Desktop VPN」です。

また、RSA 1024bitで暗号化されたSSL-VPNトンネリングで通信するため、安全とされています。

ここでは、Desktop VPNクライアントをインストールして使用する方法を紹介します!

Desktop VPNインストールする方法・手順

Desktop VPNをダウンロードする

Desktop VPNのダウンロードは下記公式ページを参照してください。

ダウンロードページDesktop VPN ダウンロード

「Desktop VPN共有機能有効版」の「ダウンロード開始」ボタンをクリックします。

Desktop VPNのインストール手順・方法

ダウンロードしたDesktop VPNの実行ファイルを実行します。インストールするソフトウェアを選択します。

ここではすでにサーバーの設定が完了していてクライアントをインストールします。「Desktop VPNクライアント」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

Desktop VPNの使用許諾契約書に同意する場合、「同意する」をクリックします。

インストールの種類は「標準インストール」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

Desktop VPNのインストールが完了しました。Desktop VPNクライアントを起動するため、「はい」をクリックします。

これでDesktop VPNのインストールは完了しました。

Desktop VPNクライアントからVPN接続する

次に、Desktop VPNを使ってVPN接続してみましょう!

Desktop VPNクライアントを起動します。「接続先コンピュータID」を入力し、「接続」ボタンをクリックします。「接続先コンピュータID」はサービス加入時に発行されたIDのことです。

「パスワード」を入力します。

パスワードが正しいとVPN接続されます。すでに外部から社内LANに入り、該当サーバーにログインする画面が起動します。

「ユーザー」、「パスワード」を入力してOKボタンをクリックします。

Windows Proにあるリモートデスクトップのようなインターフェースです。外部から社内のサーバーへアクセスできました。使い方はリモートデスクトップそのものです。

これで社外から社内のサーバーへいつでもアクセスすることができるようになりました。これは社内からサーバーにログインしていることと同じなので、社内の該当サーバーでできることは「Desktop VPN」を使ってできます。

安全性も担保され利便性も高い「Desktop VPN」、ぜひ使ってみてください!

以上、Windows10 で手軽にVPNを利用できるSoftEtherの「Desktop VPN」の使い方でした。

コメント