【Excel】無料・フリーで使う4つの方法

スポンサーリンク

Excelの価格はそれなりに高いです。買い切りで約1.5万円、サブスクリプションだと年間1万円以上する製品ですが、Excelを無料・フリーで使うことはできないのでしょうか?

今回は、Excelを無料で使う4つの方法を紹介します!

Excelを無料・フリーで使う4つの方法

Excelを無料で使うには、おもに4つの方法があります。

  1. 無料試用版
  2. オンライン版
  3. Googleスプレッドシート
  4. Calc

この4つの方法を順番に紹介していきます!

無料試用版

Excelの製品版は、MicrosoftだとExcel単体で16,284円、サブスクリプション型のMicrosoft 365 Personalだと年間12,984円です。(※サブスクリプション型はExcel以外も含まれます)

Excel(単体) 16,284円
Microsoft 365 Personal(サブスクリプション・課金) 12,984円/年

ExcelはMicrosoftから購入すると、最初の1ヶ月のみ無料で試用できます。1ヶ月間だけの期間限定でよければ、Excelが無料で使えます。

一時的に使用したい場合には使えます。試用期間でもクレジットカードの登録は必要ですが、購入をキャンセルすれば料金は発生しません。

Microsoft OfficeExcel 無料試用版

オンライン版Excel

オンライン版のExcelであるExcel Online(Office Online)を使う方法もあります。

こちらは常に無料でExcelを使うことができます。パソコンにExcelをインストールして使う通常のExcelではなく、オンライン版なのでWEBブラウザ(Edge・IE・Chrome)でExcelを使います。

一部の機能制限がありますが、単純なExcelを使うだけであれば、オンライン版のExcelも十分使えます。オンライン版とはいえ、Microsoftが出しているExcelですからちゃんと使えます。

オンライン版Excelを使用するには、Microsoftアカウントが必要となります。

Microsoft OfficeExcel オンライン

Googleスプレッドシート

Excelそのものではありませんが、無料の表計算アプリとしてはGoogleのGoogleスプレッドシートも有名です。

Excelのように使える表計算アプリです。オンライン版Excelと同じく、WEBブラウザを使用して使います。使い方もオンライン版Excelと似ていますね。

Googleスプレッドシートを利用するには、Googleアカウントが必要になります。

GoogleGoogle スプレッドシート

Calc(Libre Office)

Googleスプレッドシート以外には、Libre OfficeのCalcも有名です。

Libre OfficeはMicrosoftやGoogleのような大企業のアプリではなく、フリー&オープンソースアプリです。よって無料で使うことができます。

Libre OfficeCalc

無料のExcel、結局どれがいい?

Excelを無料で使うには、

  1. 試用版か?
  2. オンライン版か?
  3. Googleか?
  4. オープンソースか?

という4択です。

どれがいいのかは好みもあるので一概には言えませんが、ザックリ言うと、迷ったら「2. オンライン版Excel」をオススメします!

本家Excelと同じMicrosoftの製品なので安心できるからです。もちろん、GoogleスプレッドシートやCalcも使い勝手は悪くないのですが、Excelの互換性がいまいちです。その点、オンライン版ExcelはMicrosoftなので互換性はあります。ただし一部の機能制限があるので、全ての機能が使えるわけではありませんので注意してください。

以上、Excelを無料・フリーで使う4つの方法でした。

コメント