【Excel】ボタンを追加・削除する方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)では ボタンを追加したり削除することができます。

  • ボタンを追加してマクロを実行したい
  • ボタンが不要なので削除したい

マクロの記録やVBAマクロを実行する際にはボタンを追加しておくと便利です。

今回は、Excel(エクセル)の ボタンを追加・削除する方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013

Excelで ボタンを追加・削除する

それではさっそく、Excelボタンを追加・削除してみましょう!

開発タブを追加する

Excelにボタンを追加するには、リボンの「開発」タブを使います。

「開発」タブがあるか確認してください。ない場合は、下記の方法で追加してください。

「ファイル」タブをクリックします。

「オプション」をクリックします。

「リボンのユーザー設定」をクリックし、右側の「開発」にチェックを入れて「OK」ボタンをおします。

Excelのリボンに「開発」タブが追加されました。

ボタンを追加する

次にボタンを追加します。

「開発」タブにある「挿入」をおします。「フォームコントロール」から「ボタン」をクリックします。

ボタンを追加したいセルの上でクリックしたままドラッグします。

マクロの記録がひらきます。マクロ名を変更したい場合は変更してください。「OK」をおします。

Excelにボタンが追加されました。

ボタンに表示されているラベルの名称を変更する場合は、ボタンを右クリックして、「テキストの編集」をおします。

ボタンのラベルを変更することができました。

ボタンを削除する

次に、ボタンを削除してみましょう!

ボタンをクリックしてしまうとマクロが動作してしまい、削除することができません。

削除するには、ボタンを右クリックします。「切り取り」をおせばボタンを削除できます。

ボタンを削除するには他にも方法があります。

Ctrl キーをおしながらボタンをクリックすると、ボタンが選択された状態になります。この状態で Deleteキーをおします。

これでExcelのボタンを削除できました。切り取りでも削除でもどちらでもボタンを削除することができました。

このように、マクロ・VBAで使用するボタンは簡単に追加・削除できるので、ぜひ使ってみてください!

Officeヘルプワークシートのフォーム、フォームコントロール、および ActiveX コントロールの概要

以上、Excel(エクセル)のボタンを追加・削除する方法でした。

コメント