ウイルスバスターはタブレットでも使えるのか?

スポンサーリンク

ウイルスバスターはタブレットでも使えるのでしょうか?

  • Android端末、iPadなどのタブレットは使える?
  • 今使っているライセンスにタブレットを追加できる?

今回は、ウイルスバスターはタブレットでも使えるのかについて紹介します!

ウイルスバスターはタブレットでも使えるか?

ウイルスバスターはタブレットでも使える

ウイルスバスターはトレンドマイクロのセキュリティソフトです。定番のソフトですね。

ウイルスバスター公式https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome.html

ウイルスバスター クラウド(最新版) | 3年 3台版 | オンラインコード版 | Win/Mac/iOS/Android対応

このウイルスバスターはおもに2種類あります。

●2種類のウイルスバスター

  1. ウイルスバスター クラウド
    通常版
  2. ウイルスバスター クラウド デジタルライフサポート プレミアム
    24時間365日聞けるサポートつき

「ウイルスバスター クラウド」と「ウイルスバスター クラウド デジタルライフサポート プレミアム」の違いですが、サポートがついているかどうかです。よって製品の機能自体に違いはありません。

ウイルスバスターはタブレットやスマホにも対応しています。

ウイルスバスターの仕様についてです。

●ウイルスバスターの仕様

  • Androidタブレット、iPadに対応
  • 1つのライセンスでタブレット、スマホ、パソコンに使える
  • 1つのライセンスで3台まで使える

Androidタブレット、iPadにも対応しています。

そもそもウイルスバスターはマルチプラットフォームといって、多くのOSに対応しております。タブレットだけでなく、PC・スマホにも対応しており、OSに依存しない仕組みになっております。

ウイルスバスター対応タブレット

次に、ウイルスバスターが対応したタブレットを見ていきます。タブレットが対応しているかどうかはOSのバージョンによります。

OS 対応バージョン
Android 4.1 , 4.2 , 4.3 , 4.4 , 5.0 , 5.1 , 6.0 , 7.0 , 7.1 , 8.0 , 8.1 , 9.0 , 10.0
iPad 13.1 , 13.2 , 13.3 , 13.4
iPhone 11.0 , 11.1 , 11.2 , 11.3 , 11.4 , 12.0 , 12.1 , 12.2 , 12.3 , 12.4 , 13.0 , 13.1 , 13.2 , 13.3 , 13.4

上記OSを使用したタブレットであればウイルスバスターが使用できます。最近のタブレットならまず対応していますね。

タブレットに対応したウイルスバスターの名称は「ウイルスバスターモバイル」です。

ウイルスバスターをタブレットで使う

ウイルスバスターをタブレットで使う場合は、ウイルスバスターをインストールする必要があります。

Androidタブレットの場合はPlayストアから、iPadの場合はApp Storeから「ウイルスバスターモバイル」をインストールしてください。

「ウイルスバスターモバイル」は30日間は無料で使えます。それ以上使う場合は、ライセンスを購入する必要があります。

ウイルスバスターのライセンスはどこがお得か?

ウイルスバスターをタブレットで使う場合、ライセンスを購入する必要があります。

次に、大手ショップのウイルスバスターの価格を比較します。

(2020年5月時点での税込み価格です)

ダウンロード版

製品 公式 Amazon ビック
カメラ
ヨドバシ
ウイルスバスター
クラウド
1年 5,720円 5,200円 5,720円 5,710円
2年 10,250円 9,318円 10,240円 10,240円
3年 13,580円 12,213円 13,570円 13,570円
ウイルスバスター
クラウド
プレミアム
1年 8,470円 7,700円 8,470円 8,460円
2年 14,620円 13,291円 14,620円 14,610円
3年 19,690円 17,900円 19,690円 19,680円

パッケージ版

製品 公式 Amazon ビック
カメラ
ヨドバシ
ウイルスバスター
クラウド
1年 (5,720円) 6,200円 6,820円 6,820円
2年 (10,250円)
3年 (13,580円) 12,985円 14,630円 14,630円
ウイルスバスター
クラウド
プレミアム
1年 (8,470円)
2年 (14,620円)
3年 (19,690円)

ウイルスバスターのライセンス購入形態には「ダウンロード版」と「パッケージ版」の2種類あります。

「パッケージ版」は公式には取り扱いがなく、ショップ限定です。

パッケージ版は取り扱いが少なく価格も高めなので、ウイルスバスターを購入するならダウンロード版をおすすめします。

タブレットで使うウイルスバスターの価格をショップ別に比較したところ、

ウイルスバスターを安く購入できるのは、Amazonのダウンロード版!

とうことがわかりました。(Amazonはオンラインコード版という名称です)

ダウンロード版(1年)

ダウンロード版(2年)

ダウンロード版(3年)

ダウンロード版(公式)

ウイルスバスター公式の購入ページはこちらです。

ウイルスバスター公式
公式から購入する

以上、ウイルスバスターはタブレットでも使えるか?についてでした。


 

コメント