ウイルスバスターはiPhoneで使える?必要?

スポンサーリンク

ウイルスバスターはiPhoneでも使えるのでしょうか?

  • iPhoneでウイルスバスターは使えるの?
  • iPhoneにウイルスソフトって必要なの?

今回は、ウイルスバスターはiPhoneでも使える?必要?について紹介します!

ウイルスバスターはiPhoneでも必要なのか?

ウイルスバスターはiPhoneに必要か?

ウイルスバスターはトレンドマイクロのセキュリティソフトです。定番のソフトですね。

ウイルスバスター公式https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome.html

ウイルスバスター クラウド(最新版) | 3年 3台版 | オンラインコード版 | Win/Mac/iOS/Android対応

まず大前提として、そもそもiPhoneはウイルスに感染しにくい構造になっています。

  1. iOSはセキュリティが強固
  2. アプリにはApple Storeの厳格な審査がある
  3. ウイルスの数自体がそもそも少ない

順に説明します。

1. iOSはセキュリティが強固

iPhoneのOSであるiOSはセキュリティが強固だと言われています。

「サンドボックス」という領域でアプリが動作するようになっているため、アプリがシステム領域に影響を及ぼさない仕組みになっています。

このためAppleは「iPhoneはウイルスに感染しない」といわれています。

2. アプリにはApple Storeの厳格な審査がある

iPhoneのアプリをApple Storeで公開するには、Apple Storeの厳格な審査があります。

ここで、セキュリティが脆弱なアプリや悪質なアプリは審査が通らないようになっています。ここがAndroidと違うところです。

3. iPhoneのウイルス自体の数が少ない

iPhoneは日本ではシェアが半分近くで売れていますが、世界的なシェアは2割ほどしかない少数派のスマホです。

そもそも数の少ないiPhone用のウイルスを作ったところで、波及する影響力が小さいため、ウイルスを作る側のメリットがない事情もあります。

このような状況なので、iPhoneのウイルス自体の数は非常に少ない傾向にあります。

でも、ウイルスバスターは必要!

で、そもそもですが、iPhoneにウイルスの感染をチェックするアプリはありません!

ウイルスバスターをはじめ、他のアプリもそうなのですが、iPhoneのウイルスをチェックしたり駆除したりすることはできません。iPhoneの設計上できないからです。

でも、

それでも、ウイルスバスターは必要!

だと考えます。

そもそも注意すべきはウイルスだけではありません。パスワード漏洩、不正アクセス、Wi-Fiの安全性など、注意すべきセキュリティ対策は他にもあります。

だからこそ、ウイルススキャンできなくても、ウイルスバスターが必要になってくるのです。

ウイルスバスターはiPhoneでも使えるか?

ウイルスバスターはiPhoneでも使える

ウイルスバスターはiPhoneに対応しています。

ウイルスバスターの仕様はこちらです。

●ウイルスバスターの仕様

  • iPhone、Android、iPad、Windows、Macに対応
  • 1つのライセンスで3台まで使える
  • 1つのライセンスでタブレット、スマホ、パソコンに使える

そもそもウイルスバスターはマルチプラットフォームといって、多くのOSに対応しております。

iPhoneだけでなく、PC・Android・タブレットも対応しており、OSに依存しない仕組みになっております。

ウイルスバスターに対応したiPhone

次に、ウイルスバスターに対応したiPhoneを見ていきます。お使いのiPhoneが対応しているかどうかはiOSのバージョンによります。

iOSバージョン
11.0 , 11.1 , 11.2 , 11.3 , 11.4 , 12.0 , 12.1 , 12.2 , 12.3 , 12.4 , 13.0 , 13.1 , 13.2 , 13.3 , 13.4

iPhoneが上記iOSであれば、ウイルスバスターが使用できます。最近のiPhoneならまず対応していますね。

iPhoneに対応したウイルスバスターの名称は「ウイルスバスターモバイル」です。

ウイルスバスターをiPhoneで使う

ウイルスバスターをiPhoneで使う場合は、ウイルスバスターをインストールする必要があります。

App Storeから「ウイルスバスターモバイル」をインストールしてください。

「ウイルスバスターモバイル」は30日間は無料で使えます。それ以上使う場合は、ライセンスを購入する必要があります。

ウイルスバスターのライセンスはどこがお得か?

ウイルスバスターをiPhoneで継続利用する場合、ライセンスを購入する必要があります。

ここでは大手ショップのウイルスバスターの価格を比較します。

(2020年5月時点での税込み価格です)

ダウンロード版

製品 公式 Amazon ビック
カメラ
ヨドバシ
ウイルスバスター
クラウド
1年 5,720円 5,200円 5,720円 5,710円
2年 10,250円 9,318円 10,240円 10,240円
3年 13,580円 12,213円 13,570円 13,570円
ウイルスバスター
クラウド
プレミアム
1年 8,470円 7,700円 8,470円 8,460円
2年 14,620円 13,291円 14,620円 14,610円
3年 19,690円 17,900円 19,690円 19,680円

パッケージ版

製品 公式 Amazon ビック
カメラ
ヨドバシ
ウイルスバスター
クラウド
1年 (5,720円) 6,200円 6,820円 6,820円
2年 (10,250円)
3年 (13,580円) 12,985円 14,630円 14,630円
ウイルスバスター
クラウド
プレミアム
1年 (8,470円)
2年 (14,620円)
3年 (19,690円)

「ダウンロード版」と「パッケージ版」

ウイルスバスターのライセンス購入形態には「ダウンロード版」と「パッケージ版」の2種類あります。

「パッケージ版」はDVDがついてくるメディアタイプのものです。公式には取り扱いがなく、ショップ限定です。

パッケージ版は価格が高めなので、ウイルスバスターを購入するならダウンロード版をおすすめします。

「ウイルスバスタークラウド」と「ウイルスバスタークラウドプレミアム」

ウイルスバスターは2種類あります。

この2つのの違いですが、サポートがついているかどうかです。24時間365日聞けるサポートつきなのが「ウイルスバスタークラウド プレミアム」です。

よって製品の機能自体に違いはありません。

ウイルスバスターを安く購入する

iPhoneのウイルスバスターの価格をショップ別に比較したところ、

ウイルスバスターを安く購入できるのは、Amazonのダウンロード版!

とうことがわかりました。(Amazonはオンラインコード版という名称です)

ダウンロード版(1年)

ダウンロード版(2年)

ダウンロード版(3年)

ダウンロード版(公式)

ウイルスバスター公式の購入ページはこちらです。

ウイルスバスター公式
公式から購入する

以上、ウイルスバスターはiPhoneに必要か?iPhoneでも使えるか?についてでした。


 

コメント