【Windows10】Defenderを無効・有効にする

Windows10の「Windows Defender」では無効・有効にすることができます。

  • Windows Defenderを無効にしたい
  • Windows Defenderを有効にしたい

今回は、Windows Defenderを無効・有効にする方法を紹介します!

Windows Defenderを無効・有効にする方法

それではさっそく、Windows10のWindows Defenderを無効・有効にしましょう!

Windows Defenderを無効にする

Windows Defenderを無効・有効にするには、「Windows Defender セキュリティセンター」から行います。。

まずはWindows10の「スタート」ボタンをクリックし、「W」→「Windows セキュリティ」をクリックします。

「Windows Defender セキュリティセンター」がひらきました。「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

「ウイルスと脅威の防止」がひらきます。「ウイルスと脅威の防止の設定」をクリックします。

「リアルタイム保護」、「クラウド提供の保護」、「サンプルの自動送信」を「オフ」にします。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれるので「はい」をクリックします。

これでWindows Defenderを無効にすることができました。

Windows Defenderを有効にする

Windows Defenderを有効にするには、先ほどと同じ「リアルタイム保護」、「クラウド提供の保護」、「サンプルの自動送信」を「オフ」を「オン」にします。

これでWindows Defenderを有効にすることができました。

以上、Windows10のWindows Defenderを無効・有効にする方法でした。

コメント