Windows10のタスクバーのアイコンを小さくする

Windows10のタスクバーのアイコンは小さくすることができます。

ノートパソコン・タブレットや小さなモニターを使っているパソコンではデフォルトのタスクバーのアイコンだと表示領域が小さくなってしまいます。

タスクバーにアイコンをたくさん並べたい場合などはたすくばーのアイコンを小さくしてしまいましょう!

今回は、Windows10のタスクバーのアイコンを小さくする方法を紹介します!

タスクバーのアイコンを小さくする

それではさっそく、Windows10のタスクバーのアイコンを小さくしていきましょう!

タスクバーの設定

Windows10のタスクバーのアイコンを小さくするには、「タスクバーの設定」を使います。

タスクバーの何もないところを右クリックして、「タスクバーの設定」をクリックします。

「小さいタスクバーボタンを使う」を「オン」にします。これでタスクバーのアイコンが小さくなります。

タスクバーのアイコン

それではタスクバーのアイコンを確認してみます。これがデフォルトのタスクバーです。アイコンはやや大きめですね。

こちらが「小さいタスクバーボタンを使う」で小さなアイコンにしたタスクバーです。タスクバー上のCortanaの領域が小さくなり、アイコンも小さな表示になりました。

アイコンが小さくなったことにより、空白エリアが増え、タスクバーに余裕ができましたね。

これでWindows10のタスクバーのアイコンを小さく表示することができました。

以上、Windows10のタスクバーのアイコンを小さくする方法でした。

コメント