Windows10が起動しない時にシステムを復元する方法(回復ドライブ)

Windows10が起動しない場合、「システムの復元」を実行すると正常に起動する場合があります。

例えば、システムの復元ポイントを指定して、正常に起動していた状態に復元すれば、Windows10が起動する可能性があります。

今回は、Windows10が起動しないときに回復ドライブを使って「システムの復元」を使って起動させる方法を紹介します!

システムの復元を実行する方法(回復ドライブ)

それではさっそく、回復ドライブを使ってシステムの復元を実行していきましょう!

システムの復元を実行するには、事前にシステムの復元ポイントを取得している必要があります。詳細はこちらを参照してください。

参考ページWindows10 システムの保護を有効・無効にする方法

回復ドライブ(USBメモリ)からブート起動する

Windowsが起動しない場合にシステムの復元を実行する場合は、DVDやUSBメモリなどのWindowsのインストールメディアか、もしくは回復ドライブが必要です。

今回はUSBメモリを回復ドライブにして、その回復ドライブからシステムの復元を実行します。

USBメモリを回復ドライブにする作成方法はこちらを参照してください。

参考ページWindows10で回復ドライブをUSBで作成する

参考ページWindows10 システムの復元ポイントを手動で作成する方法

 

まずは回復ドライブにしたUSBメモリをパソコンにさします。次にパソコンの電源を入れて、USBメモリからブート起動します。

キーボードレイアウトの選択が表示されます。「Microsoft IME」をクリックします。

トラブルシューティング

オプションから「トラブルシューティング」をおします。

「トラブルシューティング」から「詳細オプション」をおします。

「詳細オプション」から「システムの復元」をおします。

 

システムの復元ポイントを選ぶ

システムファイルと設定の復元がひらきます。「次へ」をクリックします。

復元ポイントが表示されます。この中から正常だったときの復元ポイントを選択します。「次へ」をおします。

復元ポイントを確認し、問題なければ「完了」ボタンをおします。

復元を開始したらパソコンの再起動がはじまり中断できませんので注意してください。事前に必要なファイルを保存し、閉じておいてください。

問題なければ「はい」をおします。

システムの復元がはじまります。

しばらくすると、システムの復元が完了します。「再起動」ボタンをおします。

Windowsが再起動すると、システムの復元が正常に完了したメッセージが表示されます。

これで、システムの復元を実行することができました。

以上、Windows10が起動しないときに回復ドライブを使って「システムの復元」を使って起動させる方法でした。

 

コメント