Windows10 接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続する方法(RDPファイル)

Windows10 では接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続することができます。

リモートデスクトップを使用するのに、毎回リモートデスクトップのアイコンをクリックし、接続先を入力して接続するのはとても手間がかかります。

そんなときは、リモートデスクトップ接続の接続先を設定した「RDPファイル」を作成しましょう!

RDPファイルをクリックするだけで接続先・ユーザー・パスワードの入力・選択が必要なく、すぐにリモートデスクトップ接続が開始できます。

今回は、Windows10の接続先の入力をしないでリモートデスクトップ接続する方法を紹介します!

RDPファイルで接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続する方法

それではさっそく、Windows10の接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続するようにしていきましょう!

リモートデスクトップ接続の設定

まずはリモートデスクトップ接続をひらきます。リモートデスクトップ接続の起動に関してはこちらを参照してください。

参考ページWindows10 リモートデスクトップを簡単に起動する方法

「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ」から起動します。

リモートデスクトップ接続が開きました。左下にある「オプションの表示」をクリックします。

RDPファイルの作成

「全般」タブをクリックします。コンピューター名、ユーザー名をあらかじめ入力しておきます。そして「接続設定」の「名前をつけて保存」をクリックします。

保存先を指定します。ここではデスクトップにしました。ファイル名をつけます。最後に「保存」ボタンをクリックします。

デスクトップをみると、保存したリモートデスクトップ接続用のRDPファイルが作成されました。

RDPファイルからリモート接続する

それでは、RDPファイルからリモート接続します。RDPファイルをダブルクリックすると、警告がでるので、「接続」ボタンをおします。

すると、リモートデスクトップ接続が開始されます。

接続先・ユーザー名・パスワードの入力をせずにすぐにリモート接続ができるので、これはかなり便利な機能です!

ぜひWindows10でリモートデスクトップ接続を多用する方は使ってみてください!

以上、Windows10のRDPファイルを使って接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続する方法でした。

コメント