【Excel】行・列を固定したままスクロールする方法

スポンサーリンク

Excel(エクセル)では行・列を固定したままスクロールすることができます。

  • 行を固定してスクロースしたい
  • 列を固定してスクロースしたい
  • 行の縦が長い、列の横幅が長いので、固定してみやすくしたい

行の見出しを残して下の行をスクロールしたり、列の見出しを残して横の列をスクロールしてみましょう!

今回は、Excel(エクセル)で行・列を固定したままスクロールする方法を紹介します!

Office 365 2019 2016 2013 2010

Excelの行・列を固定したままスクロールする

行を固定する

それではさっそく、Excelの行を固定してみましょう!

まずは、見出しとして残したい行の下の行を1行選択します。ここでは2行目までを残したいので3行目を選択します。

「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定」をクリックします。

これで1,2行目を固定することができました。スクロールしても3行目以降はスクロールしますが、固定した2行は残ったままになりました。

列を固定する

次に、Excelの列を固定してみましょう!

まずは、見出しとして残したい列の右の列を1列選択します。ここでは2列目までを残したいので3列目のC列を選択します。

「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定」をクリックします。

これで1,2列目を固定することができました。スクロールしてもこの2列は残ったままになりました。

行・列をまとめて固定する

次に、Excelの行・列をまとめて固定してみましょう!

まずは、見出しとして残したい行の下の行、そして列の右の列を1列の先頭セルを選択します。ここでは2行2列目までを残したいので、3行3列目のC3セルを選択します。

「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定」をクリックします。

これで行と列をまとめて固定することができました。スクロールしてもこの行列の見出しは残ったままになりました。

固定を解除する

行・列の固定は解除することができます。

「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定の解除」をクリックします。

これで、行・列の固定を解除することができました。

 

このように、Excelの行・列は見出しを固定してスクロールすることことができるので、ぜひ使ってみてください!

Officeヘルプウィンドウ枠を固定して行と列をロックする

以上、Excelの行・列を固定してスクロールする方法でした。

 

コメント