【Excel】空白・スペースを削除する方法

スポンサーリンク

EXCEL(エクセル)では空白・スペースを削除することができます。

  • セルに入力された空白を削除したい
  • 末尾のスペースを消したい
  • 空白削除するTRIM関数の使い方が知りたい

今回は、EXCEL(エクセル)のTRIM関数を使って空白・スペースを削除する方法を紹介します!

EXCELで空白・スペースを削除する方法

Office 365 2019 2016 2013 2010

TRIM関数

EXCELで空白・スペースを削除するには「TRIM関数」を使います。

構文

=TRIM(セル)
=TRIM("文字列")

使用例

--セルA10の空白・スペースを削除する
=TRIM(A10)

--文字列「 あいうえお 」の空白・スペースを削除する
=TRIM(" あいうえお ")

TRIM関数でできること

  • 先頭・末尾の空白・スペースを削除します
  • 途中の空白・スペースは最初の空白・スペースだけが残り、後は削除します

先頭・末尾の空白・スペースを削除する

それではさっそく、LEN関数を使ってセルの空白・スペースを削除してみましょう!

まずは文字列の先頭・末尾にある空白・スペースを削除します。

=TRIM(C3)

ここでは、セル「C3」の空白を削除します。任意のセルに「=TRIM(C3)」と入力します。全角ではなく半角で入力してください。

他のセルにも適用する場合はセルの右下にカーソルを移動し、プラスマークになったら、下へドラッグします。

すると他のセルの空白も削除できました。

途中の空白・スペースを削除する

次にTRIM関数で途中の空白・スペースを削除してみましょう!

空白が途中に1つだけある場合、そのまま残りました。

空白が2つある場合は1つ目の空白が残り、後の空白は削除されました。

空白が3つある場合は1つ目の空白が残り、後の空白は削除されました。

文字を指定して空白・スペースを削除する

TRIM関数は、セルではなく文字列を指定して空白・スペースを削除することもできます。

=TRIM(" 山田 太郎 ")
--【結果】山田 太郎

文字列を指定して空白を削除するには、文字列をダブルクオーテーション「”」で囲って入力します。

ここでは「=TRIM(“ 山田 太郎 ”)」としました。

これで、EXCELのTRIM関数を使って空白・スペースを削除することができました。TRIM関数は便利なのでぜひ使ってみてください!

OfficeヘルプTRIM 関数

以上、EXCELで空白・スペースを削除する方法でした。

 

コメント