【パワーポイント 】無料で使う方法(2019年版)

スポンサーリンク

パワーポイントは無料で使うこともできます。

  • パワーポイントを無料で使いたい
  • pptx形式のファイルの中身を無料で見たい
  • パワポが入っていないPCでパワーポイントを編集したい

パワーポイントは基本的には有料ですが、無料で使えるオンライン版もあります。

今回は、パワーポイントを無料で使う方法を紹介します!

パワーポイントを無料で使う方法

パワーポイントの無料版

パワーポイントを無料で使うには、インターネット上のオンライン版「パワーポイント オンライン(PowerPoint Online)」を使うことができます。

パワーポイントは通常Officeパッケージを買うか、パワーポイント単体で買う必要があります。パワーポイント単体の場合の料金は1万5千円ほどですね。

パワーポイントをよく使用する場合は購入した方がよいですが、ごくごくまれにしか使わない場合に購入するのはちょっと・・・という場合もありますね。

  • 仕事だけでパワーポイントを使う
  • メール添付されたファイルがパワーポイントだった
  • 普段はパワーポイントを全く使わない

などなど。そんなときは、パワーポイントオンライン(PowerPoint Online)が便利です。

購入しなくても無料でパワーポイントが使えます。無料なので機能は製品版から縮小されていますが、一般的な使い方であれば問題ないですね。パワーポイントがなくてもpptx形式の中身を開いて見ることができるし、もちろん編集もできます。

パワーポイント オンラインの使い方

それではさっそく、パワーポイントオンラインを無料で使ってみましょう!

パワーポイント オンライン(PowerPoint Online)は下記リンクをクリックしてください。

Officeオンラインhttps://www.office.com/signin

無料で使うにはマイクロソフトアカウントが必要です。マイクロソフトアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をおします。

パスワードを入力して「サインイン」をおします。

Ofiiceの製品が表示されるので、「PowerPoint」をおします。

パワーポイント オンラインがひらきました。新規のパワポを作成する場合は「新しい空白のプレゼンテーション」をおします。ここではパワーポイントがインストールされていないPCでパワーポイントのファイルを開いてみます。「アップロードして開く」をおします。

パワーポイントのファイルを指定して、「開く」をおします。

パワーポイントのファイルを開くことができました。

パワーポイントオンラインは製品版のレイアウトと完全に同じではありませんが、メニューバー・リボンが上部にあり、左にページのサムネイルが表示される形式はオンラインのパワーポイントでも同じなので、抵抗なく使えると思います。

スライドショーも使えますね。

特に参照するだけの場合はオンライン版のパワーポイントで十分ですね。

パワーポイント オンラインで使えない機能

パワーポイント オンラインで使えない機能もあるので注意してください。

ただし、オンラインのパワーポイントも日々機能が拡張されており、今までは使えなかった機能がどんどん追加されております。2019年現在、製品版とほとんど変わらないようになっています。

ここで使えない機能を列挙してもいずれ追加されるので、割愛します。もし使いたいメニューがない・使いたい機能がオンライン版にない場合はあきらめて製品版を購入するか、機能が拡張されるのを待つしかありませんね。

パワーポイント ヘルププレゼンテーションをオンラインで作成、保存、共有する

以上、パワーポイントを無料で使う方法でした。

コメント